全国5万人が受講している「サイタ」

Mac使い方教室・初心者講座

Mac使い方教室・初心者講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格Mac使い方教室神奈川 きよみMac教室 スクールブログ Macの「笑え...

Macの「笑えないドッキリ」

先日、仕事部屋で探し物をしていたら、懐かしのOS「漢字Talk7.5」を発見!(今更ながら凄いネーミングだ。)それと同時に、苦い記憶が怒濤のように蘇ってきた。

広告代理店時代は毎日が“Macと営業マンとの戦い”。「まだ出来ないのかよ!」「そんなに早くできる筈ない!」「遅い!」「あと数分待って!」なんてけんか腰の会話をしながら「これで完成ですから」って、テキストを移動した途端、画面中央に爆弾マーク登場!!「システムエラーが起きました」だって。 あ〜なんて恐ろしい瞬間でしょう。
こうなると“再起動”しか手だてはない。そして、この時点で保存し忘れていたら全てがなかった事になる。 あ〜なんておぞましい現実でしょう。

OSが漢字Talkの時代は本当に、1日数回は「爆弾マーク」目にしてたような気がするな。今でこそMacあるあるで、この爆弾マークは「笑い話の定番」になっているけど、笑えないでしょ。いつも突然不意打ちを喰らわす〝爆弾マーク〟そんなに簡単に許せないぞ!

変な話、今でもイラストレーターを使用中、自分で描いた黒丸を見て「なんでここにお前が」って脅えることがあるし…。これってもしかしてトラウマ?

最近は、Macを起ち上げる時に〝?〟マークが出たり、ソフトがいきなり終了しちゃったり、結構ヒヤヒヤする事もあるけれど、その登場の仕方とシチュエーションは、「笑えないドッキリ」の〝爆弾マーク〟に比べたら、かなりタチは良いわよね。

 

(2014年7月23日(水) 22:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広告代理店出身。Macの基礎~デザインの技術まで、幅広くサポート!

ブログ記事 ページ先頭へ