全国5万人が受講している「サイタ」

Mac使い方教室・初心者講座

Mac使い方教室・初心者講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格Mac使い方教室神奈川 ゲンさんのMac講座 スクールブログ グラフィックソ...

グラフィックソフトの鉄則 その1:ものには「順序」というものがある

皆さんが学ぼうとしているアドビのソフトのほとんど(Illutrator, Photoshop, Flash, AfterEffect…など)には、「レイヤー」といういわば「アニメ動画のセルの重なり」のような構造があります。
考え方としては、アニメと全く同じで、背景(遠くにあるもの)を下に、全景(近くにあるもの)を上のレイヤーに置いていく訳です。

プロフェッショナルになると、作ろうとしているデザインを見ただけで、どのようなエフェクトを選択するか、どのレイヤーから作っていくのが一番効率的な作業になるのかを、一瞬のうちに判断します。これは「順序」とか「手順」と言い換えてもよいのですが、適切な「順序」を選ばないと、思ったより多くの時間を費やさなければならなくなったりします。

ですから、それなりの数(経験)をこなさないとできる事ではないのです。
とにかく、テキストなどの課題でもいいですから、デザイン→「手順」のイメージ→実際のオペレーション…という一連の作業を数多く経験してください。そして、やがて自然と頭と手が動くようになり、思っている通りのデータを作る事ができるようになるのです。


※上記はフォトショップスクールへの投稿内容ですが、Macスクールにも参考になりますので、転載いたします。

 

(2013年12月6日(金) 22:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

初代Macにも触れた達人!現役デザイナーがゼロからレクチャー

ゲンさんのMac講座
原辰弥 (Mac)

横浜・桜木町・戸部・天王町・新高島・みなとみらい

ブログ記事 ページ先頭へ