サイタパソコン教室・IT資格パソコン(Mac)使い方教室神奈川 ゲンさんのMac講座 スクールブログ 木を見て、森を...

木を見て、森を見ず!!

この諺(ことわざ)ですが、ネットで検索してみると「物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失うこと」とのこと。
つまり、『小さいことに奪われないで、全体を見ていないとダメ!』ということです。

そこで思い出したのが、石膏デッサンというものを初めて体験した時のことです。初心者はどうしても細かな部分(眼とか耳など)から細かく描いてしまうので、だんだん全体が画面に収まらなくなります。

反対にデッサンの達人は、画面に対して大まかな全体の輪郭線から描いていきます。

まぁ、デザイン学校の試験にデッサン(デザインの場合はほとんど鉛筆デッサン)は必要でない…と常々思っている私が言うのは何ですが、私が『デッサン』で得た唯一のことは、いかに上手に描くとかといった技術的なことではなく、石膏像(物事)を見る場合そういった全体(概要)から徐々に理解していかなければならない…ということでした。

あれから何十年かたちましたが、時々『木を見て、森を見ず!!』のことばを思い出しています。

「ゲンさんのMac講座」では、常にそういった全体像からご説明することを心がけていますので、初心者の方でも理解していただけるのではないかと思っています。

 

(2013年10月25日(金) 23:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

初代Macにも触れた達人!現役デザイナーがゼロからレクチャー

新着記事

昨今、モノを捨てよう!!モノの呪縛から解き放なれて、ストレスをなくそう…。などという風潮があります。しかし、惑わされてはいけません!! 私の部屋は本や雑誌とCD and LPでイッパイで、これら(特に本に関して)はモノではないと考えていて、絶対捨てることは出来ないのです。本はアイデアの源...

先日『光の教会〜安藤忠雄の現場/平松剛』という建築の本を読み終えました。ご存知の方も多いと思いますが「安藤忠雄」氏は独学の天才と言われている建築家です。安藤氏のあの素晴らしい発想はいったい何処からきているのか…?その一端を垣間見た思いです。 で、何で?建築なの?ということは、のちのち書くとし...

まぁ年齢的なこともあるけど、「AKB…」とか「HKB…なんとか」というのにはとんと興味が無い…。 で、最近「リトマース」とかいう『理系女子』グループができたそうな…!!初めての公演で100人以上の観客が集まり、これは普通新人グループが数年かかって集める数だそうだ。 例えば文系の人に...

何度かIllustratorのレッスンをしてきましたが、どうしてもPhotoshopの知識も必要となるケースがほとんどです。 よくよく考えてみるとPhotoshopを受講したいという生徒さんは、デジタルカメラで撮った写真の加工が目的のようです。この場合はPhotoshop単体で完結するの...

久々の「五感について」シリーズ第3弾!!です。今回は「私的味覚の記憶」…。 ※「味覚」…つまり『食』に関しては「臭覚」も「触覚」も「視覚」も「聴覚」も…、『五感』すべてに関わってきますので、本来なら「味覚」単独では語れないことを、まず初めにお断りしておきます。まぁ、それくらい『料理』とい...

ブログ記事 ページ先頭へ