全国5万人が受講している「サイタ」

作詞教室・レッスン

作詞教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室作詞教室東京 鶴卓也作詞教室 スクールブログ 役割。

役割。

こんにちは。

本日は、Aメロ、Bメロ、サビの役割について、ご説明します。

メロディーが、三つに分かれているのならば、歌詞もそれに合わせて、差別化をするべきです。

たとえば、ホップ、ステップ、ジャンプのように。

Aメロで、軽く飛んで、Bメロで、助走をつける。そして、サビで、大きく飛び上がる。

サビが一番の聴かせどころですから、それに向かって、どんどん盛り上げてみましょう。

それでは、本日は、この辺で。

 

(2014年8月1日(金) 18:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロの現役作詞家から習おう!執筆活動もさかん、受賞歴が多数あるので安心

ブログ記事 ページ先頭へ