全国7万人が受講している「サイタ」

作詞教室・レッスンをプライベートレッスンで探す

作詞教室・レッスンを選ぶ

作詞初心者も安心!
日時を選べる個人レッスンです

あなたにピッタリの作詞教室を見つけることが出来ます。

都道府県・人気エリアから探す

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

レッスン料金

60分あたり4,300円〜

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎に貸し音楽スタジオまたはドリンク代を含むカラオケボックス使用料(1,000~2,500円)をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

作詞教室の無料体験レッスンについて

サイタの作詞教室ではコーチとの相性を感じていただくために60分間のレッスンを0円でお試し受講いただいています。
もし作詞教室無料体験で受講したレッスンがご満足いただけなかった場合、他のコーチで無料体験をもう一度受講していただくことが可能です。ピッタリなコーチが見つかった時にご入会いただけます。

作詞教室の無料体験レッスン内容例

14:00
コーチと待ち合わせ
14:05
機材の説明やレッスンの説明
14:15
基礎的なテクニック調整
14:20
実際に作詞を実践してみる
14:55
今後のスケジュールを相談

無料体験レッスン受講までの流れ

1

3分でカンタンお申し込み

無料体験レッスンお申し込みフォームから必要事項を入力し、お申し込みください。

2

メールで日時のご確認

ご希望の日時をメールでご確認ください。

3

コーチと待ち合わせ

事前にご希望いただいた場所で、講師がお待ちしております。

作詞教室・レッスンの人気講師

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる作詞教室・レッスンの講師一覧です。

約23時間前更新
KATZBOMさん

KATZBOMさん

ジャンル

作詞

主なレッスン会場

関内

安部真純さん

安部真純さん

ジャンル

作詞

主なレッスン会場

東京

作詞教室 体験レッスンの感想コメント

作詞教室のレッスンを体験した方の声をご紹介

5月28日(水) 22:18 更新

40代女性

全文を読む

作詞と言う新しい事へのチャレンジで、どんな風に自分らしさを表現出来るのか楽しみです。先生の作詞の仕方を教えて頂きました。言葉を連想して、浮かんだ事をどんどん書き出して行く作業から始めてみようと思いました。先生なら、色々お話ししやすいのでよかったです。

20代女性

全文を読む

分かりやすくて良かったです。 礼儀正しくて、体調の悪い娘を気遣って頂き感謝しています。また、送った詞を事前に準備して下さっていて、ありがとうございます。これからも、宜しくお願いします。

50代男性

全文を読む

作詞っていったいどんな風に考え、作るのか?何も解らずに行きましたが、基本を解りやすくおしえていただき楽しかったですね!!

新着レッスンノート

作詞教室のレッスン記録ノートの一部をご紹介します!

3月7日

言葉たちをより詞っぽくみせるには言葉たちをより詞っぽくみせるには

本日はレッスンお疲れ様でした! 体験レッスンではありましたが、 だいぶ具体的なお話をしたかなという印象です。 作詞をしていく時に意識したいことは、 ・一番伝えたいことは何か ・伝えたい相手は誰なのか という二点が大きいかと思います。 詞としてだけでも伝わるものも素敵ですし、 歌詞として曲と合わさってより深く伝わるものも素敵です。 いずれにしても、届けたい相手に「どんなこと」を伝えたいのかという部分はしっかりとイメージしておけるとよいと思います◎ それによって伝え方(言葉選びなど)も少しずつ変わっていくでしょう。 ----- ...

3月6日

伝えたいことを伝えたい相手はどんな人なのかをイメージすると良いかも◎伝えたいことを伝えたい相手はどんな人なのかをイメージすると良いかも◎

本日は、レッスンお疲れ様でした! すでに書いていただいている詞を拝見しながら、いろいろなお話をさせていただきました。 僕の作詞スタイルは、サビから先に書くというよりも歌い出しの部分から書くことが多い気がします、というようなお話もしましたね◎ 作詞のスタイルはそれぞれあるかと思うので、書きやすい部分から書いていくとよいと思います! 作品によってサビから出来上がったもの、そうでないものに分かれてきます。 そうなったら詞を読んでもらえる人に見てもらって、「一番伝わってくる部分」を聞いてみるのもよいと思います。 最初に出来上がった部分が一番伝わっているのか、特にそ...

2月22日

作詞をする時は「たった一人に向けて書く」という方法も良いかも◎作詞をする時は「たった一人に向けて書く」という方法も良いかも◎

レッスン、お疲れさまでした! 僕の話が多くなり過ぎてしまった気もしましたが、作詞をしていく上での土台となる部分についてはザザッとお伝えできたかと思います! 誰かに何かを伝えたいときというのは、相手に【伝わる】ことが大切なポイントになってくるかと思います。 伝えるだけでなく【伝わる】というところまで考えると、やはりその詞を読んだり聴いたりする相手のことまで考えていくと良いかと思います。 その相手がどんな人なのか、状況なのか、どんな気持ちなのかなどなど。 または、どのような人に聴いてほしくて、どんな風に感じてもらいたいか、というような発想もよさそうですね◎ ...

12月27日

作詞をしていく時に意識するとよいこと作詞をしていく時に意識するとよいこと

本日は、レッスンお疲れ様でした! 今回は作詞をしていく時に意識してみるとよいことについてお伝えしました◎ 歌詞というのは不思議なもので、目で見て読むときと曲と合わせて耳に入ってくる時とでは雰囲気が変わることもあります。 詞だけを読んでも伝えたいことが伝わるような要素も表現していけるとよいかと思います! ・漠然としたイメージよりも具体的な一人の人に焦点をあてる ・画がイメージできるような表現 ・ストーリー性をもたせる このあたりはかなり大切な部分かと思いますので、たくさん書きながら試していくのがよいかと思います! 作詞をしていくなかで大切だと感じ...

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる