音楽教室DTMレッスンLogic Studio東京 DTM作曲スクール レッスンノート

DTM作曲スクールレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

オートフィルターを使い方
オートフィルターはその名の通り、フィルター(ここでは、様々な項目)を自動で変化させることができます。PANを自動で左右に動かせばステレオ効果、音量を自動で動かせばトレモロなど、様々な効果が得られ...
コードとメロディの関係
特徴的な3種類のメロディラインとコードの関係を見てみました。 keyの5番目の音を多用した歌もののメロディ、コード進行から導き出されるアルペジオ的メロディ、コードと関係性の弱い同音のメロディ。...
ピアノの打ち込み
ピアノループを利用した打ち込み方、コードからのピアノアルペジオを打ち込みました。 midiでは、実際には弾けないような早いフレーズを打ち込むこともできます。生っぽい曲ではちゃんと人が弾ける...
リバーブのセンドリターン
リバーブを使う際のbusについて 同じ楽曲の中では、同じ設定のリバーブを多々使用します。これはその場の環境を合わせて楽器同士を馴染ませていくといった効果があります。もちろんリバーブへの送り量は...
コードの構成音
三和音の場合 C root(半音3つ)3(半音2つ)5 Cm root(半音2つ)3(半音3つ)5 Cm♭5 root(半音2つ)3(半音2つ)5 四和音の7thは root...
midi鍵盤を使ってのステップ入力
midi鍵盤がある場合、本日行ったステップ入力が効率的です。 ドラムパターンを作る場合はある程度、頭の中でイメージをしつつ、ステップ入力、クォンタイズといった流れで打ち込みをしていきましょう。...
ドラムやシンセに使われるエフェクト
楽曲の中なら、ロジック音源のドラムやシンセに使われているエフェクトの解説を行いました。 ・トレモロ ・オートフィルター ・リングモジュレーション ・ビットクラッシャー といった、飛び道...
logicの基本
起動時の様々な基本テンプレートの内容説明 トラックのオーディオパラoutのやり方 BUSを使った、リバーブの設定を行いました。
お疲れ様でした。今回の体験レッ...
お疲れ様でした。 今回の体験レッスンでは ・仕事としての楽曲制作の考え方 ・リズム、コード楽器のミックス の授業を行いました。
昨日はお疲れさまでした。体...
昨日はお疲れさまでした。 体験レッスンでは曲を聴かせていただいた上で ・ミックスをする上での考え方 ・音量とバランス 似ついてお話しをさせてもらいました。

DTM作曲スクールのレッスンノート ・・・計35件

DTM作曲スクール ページ先頭へ

Logic Studio情報

サイタのLogic Studio講師がブログを通して、Logic Studio情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!