全国5万人が受講している「サイタ」

Logic Studio使い方講座

Logic Studio使い方講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室DTMレッスンLogic Studio京都 山崎まさるDTMスクール スクールブログ 自分にあった作...

自分にあった作曲アプローチ【その2】

こんにちは!

作曲アプローチ【その1】では「鼻歌」についてお話ししました。

今回は「コード」からのアプローチについてお話しします。

コードから作る利点は、曲の風景がイメージしやすいことにあります。
でも初めは、どうやってコードをつなげていくか、なんて分かりませんよね。

その解決法は、
曲を聴いていて、こんな曲がつくりたいな、と思ったら、
その曲のコード進行を取り出してみてください。

それをそのまま使ってもいいし、

Aメロはこの曲のイメージで、
Bメロはこの曲のイメージ。
みたいな感じで組み合わせてもオッケー!

でも、これってパクりじゃないの?

そんな風に思った方もおられるのでは?
でも、大丈夫!
コード進行は引用してもパクりにはなりません。
もちろんメロディーをパクってはいけません!
これは犯罪です。

風景が決まってくれば、今度はメロディーをのせるだけ。
コードが決まってるので、その上に合う音が限られてくるので、
何も無い状態よりメロディーが作りやすいってわけですね!

気になる曲があれば、どんどんコードを取り出してください。
いろいろと発見もあるでしょうし、
何より曲作りの上ですごく勉強になります。

最初は難しいですが、習うより慣れろです。
コツみたいなのもありますが、またおいおいとお話します。

それでは今日はこの辺で。

 

(2014年8月20日(水) 13:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

27歳で音楽家になり楽曲提供も。二人三脚でスキルが身につくレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ