サイタ音楽教室DTMレッスンLogic Studio京都 山崎まさるDTMスクール スクールブログ 自分にあった作...

自分にあった作曲アプローチ【その1】

お盆、あけちゃいましたね。
皆さんはゆっくり出来ましたか?

僕はというと、コンペのラッシュで大忙しでした(^^;)

そんなことはさておき、
今日から少しマジメな話を…

いやいや、いつもマジメですよ(笑)

タイトルにある通り、【作曲アプローチ】についてお話ししますね。

一言で作曲と言っても、作家さんによってその方法はいろいろ。
始めて作曲される方は、
「作曲ってどうやるの?」
って方がほとんどです。

せっかくDTMを始めたのに、肝心の曲作りができないと
高いお金を出して買ったDAWが無駄になっちゃいますよね。

てことで、少しでも参考になればいいのですが…

では、どんな方法があるのか。

よく耳にするのは、
「鼻歌」です。
つまり、メロディーから作るってことですよね。
お風呂に入りながら、
移動しながら、
鼻歌を歌うんです。
で、「あ、いいかも!?」
なんて思ったらスマホの前に向かい録音!

よく、いいメロディーは忘れないなんて言いますが、
僕は忘れます(笑)

年間に何十曲(百超えてるかな?)と作るのに
覚えてられないのです(^^;)

それに録音を聞き返してみると、
そんなに良くもなかったり…

そんなこんなでメロディーが出来上がったら次に何をするか。

その続きもいろいろですが、
コード付けだったり、リズム(ビート)付けだったり。

要は、曲の雰囲気作りですよね。
どんなイメージに仕上げるのかで、ここは変わってきます。

ロック、ポップス、ジャズ、ボサノバ、ラテン…
いろいろありますよね。
アップテンポ?スロー?ミディアム?

テンポ設定もいろいろ。

ここまでくると、アレンジの領域ですが、
最近はアレンジも含め作曲といいます。

DTMの普及に伴って、
メロディーメーカーとアレンジャーの垣根が取り払われたんですね。

すこし長くなってきたのでこの続きは次回に!

まずは「鼻歌」を歌ってみましょう!
録音忘れずに♪

 

(2014年8月19日(火) 13:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

27歳で音楽家になり楽曲提供も。二人三脚でスキルが身につくレッスン

新着記事

思い切って変えます。 こう言っちゃなんですが、 Logicの時代は終わった気がします。 そう、Logic X になってからずっと使ってましたが 作業効率は悪いし、バグも気になる。 今、音楽業界は Protools か Cubase ですね! 趣味で使う分には Log...

バンドや歌手としてプロを目指す方は多いですが、 作曲家としてプロを目指す方は比較的少ないですよね? ということは、いまいちプロの作曲家への道もパッとしないんじゃないでしょうか? 僕自身、プロとして活動するまではプロとアマの境目が分かっていませんでしたし、具体的に何をすれば作曲家に...

こんばんは(^^) いよいよ、自分にあった作曲アプローチの最終回です。 今までは、【その〜】 としていましたが、今回は総集編と敢えて付けさせていただきました。 なぜかというと、 3回にわたって3種類のアプローチ方法をご紹介してきましたが、 実はどれも「単なるきっかけ」で...

こんばんは。 最近ギターを弾き過ぎているせいか、 以前痛めた右手首に違和感が… 何事もやり過ぎはダメですね(^^;) さて、今回は【その3】です。 【その1】では「鼻歌」から。 【その2】では「コード」から。 【その3】は「リズム」からです。 簡単に言う...

こんにちは! 作曲アプローチ【その1】では「鼻歌」についてお話ししました。 今回は「コード」からのアプローチについてお話しします。 コードから作る利点は、曲の風景がイメージしやすいことにあります。 でも初めは、どうやってコードをつなげていくか、なんて分かりませんよね。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Logic Studioレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ