サイタ音楽教室DTMレッスンLogic Studio京都 山崎まさるDTMスクール スクールブログ DTMとイメー...

DTMとイメージ

今日はインディーズバンドさんとの打ち合わせがありました。

現在、アルバム制作を進めてて、その中で使う楽曲の打ち合わせです。

クリエーターにとって、この打ち合わせはすごく大切で、
今後の曲作りの良し悪しに関わってきます。
良し悪しといっても、その判断はあくまでクライアント。
作り手は、いかにクライアントのイメージを汲み取って曲を作るか。
ってことが鍵になります。

自分の曲であれば、自分の中のイメージをいかに表現するか。
これが肝ですが、
依頼されて作る場合は、いかに相手のイメージに近づけられるか。
が勝負点となるわけです!

僕はこれまでDTMを教えてきた中で、
「イメージ」の重要性を口酸っぱく言ってきました。
それはこれからも変わらないと思います。

でも、最初はなかなかイメージを具体的に表現することは難しい。
というより、イメージそのものが意外とあやふやだったりします。

では、どうやって「イメージ力」を鍛えるか。

まずは、たくさん音楽を聴くこと。
聞くのではなく、聴くんです。(「JoJo」より:笑)

そして、にわかイメージでもいいので作ること。
作ったら出来るだけ自分だけじゃなく、人に聴いてもらってください。
僕は曲が完成するたびに、家族や友人、先生に聴いていただいていました。
一番いいのは先生に聴いてもらって厳しい言葉をいただく!
そして、また作る。
(ここでたくさんの挫折を味わいます:笑)

こうやって、イメージと制作を繰り返しながら、
イメージの幅を広げ、表現力を高める。

文字にすると小難しそうですが、(実際、独りよがりだと難しいのですが、)
妄想なら誰だってしていますよね!
それとたいして変わりません。

そんな僕のレッスンは、技術だけじゃなく「イメージ力」が身に付く。
そして何より、音楽が持つパワーを表現する力が身に付く。
んです。

初心者の方も、それ以外の方も、是非是非、
イメージの大切さを覚えておいてください(^^)



 

(2014年8月5日(火) 0:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

27歳で音楽家になり楽曲提供も。二人三脚でスキルが身につくレッスン

新着記事

思い切って変えます。 こう言っちゃなんですが、 Logicの時代は終わった気がします。 そう、Logic X になってからずっと使ってましたが 作業効率は悪いし、バグも気になる。 今、音楽業界は Protools か Cubase ですね! 趣味で使う分には Log...

バンドや歌手としてプロを目指す方は多いですが、 作曲家としてプロを目指す方は比較的少ないですよね? ということは、いまいちプロの作曲家への道もパッとしないんじゃないでしょうか? 僕自身、プロとして活動するまではプロとアマの境目が分かっていませんでしたし、具体的に何をすれば作曲家に...

こんばんは(^^) いよいよ、自分にあった作曲アプローチの最終回です。 今までは、【その〜】 としていましたが、今回は総集編と敢えて付けさせていただきました。 なぜかというと、 3回にわたって3種類のアプローチ方法をご紹介してきましたが、 実はどれも「単なるきっかけ」で...

こんばんは。 最近ギターを弾き過ぎているせいか、 以前痛めた右手首に違和感が… 何事もやり過ぎはダメですね(^^;) さて、今回は【その3】です。 【その1】では「鼻歌」から。 【その2】では「コード」から。 【その3】は「リズム」からです。 簡単に言う...

こんにちは! 作曲アプローチ【その1】では「鼻歌」についてお話ししました。 今回は「コード」からのアプローチについてお話しします。 コードから作る利点は、曲の風景がイメージしやすいことにあります。 でも初めは、どうやってコードをつなげていくか、なんて分かりませんよね。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Logic Studioレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ