全国5万人が受講している「サイタ」

Logic Studio使い方講座

Logic Studio使い方講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室DTMレッスンLogic Studio東京 Logic Studioワークショップ スクールブログ ◆ドラムその1

◆ドラムその1

予定通り、テーマは「ドラム」で更新でーす。

今日はドラムに関してちょっとお話させてください(^_^)/

http://cyta.jp/p/image/card/2014/2/4/14360/120.jpg

話したい事がたくさんあるので、あえて「その1」とします。(※もしかしたらその1だけかもしれませんが…。笑)

自分が曲を作る際に、一番最初に取り掛かるパートが大体ドラムでして…

更に、かなりこだわっているのもドラムでして…。

ちょっとアツくなってしまうかもしれません(笑)


さてさて、打ちこみのドラム、と言う言葉って聞いた事ありませんか?

この「打ちこみドラム」の対極にあるものが「生ドラム」と呼ばれるものです。
さて、違いは何か。

実際に演奏者がドラムの各楽器(スネアやバスドラム、ハイハット等)を用いて、叩いているか、いないかです。


ちょっと小難しい言い方になりますが、これには訳があります。それは、「打ちこみのドラム」も、人が叩いたものだったりするからです。


はい、さらに小難しくなりました(笑)


ドラムには違いないから、別にどうでも良くない?と思われてしまうかもしれませんが、そんな事はまーったくありません!これは曲を作る上で、まったく無視できない超々々々々々々々々々大切な事です。

でも…

活字で、この説明をすると、ものすごーく長くなります。貴重なお時間を割いて頂いてまで読んで頂くのも申し訳ないですし、実際に対面してお話できれば、2~3分で済むので…

そんな訳で…良かったらドラム談義のためだけでも構いませんので、一度無料レッスンへお申込み下さい(笑)

お待ちしてまーす(^_^)/

※次回は、ドラムその2、またはエレキギター、の予定です。

◆ドラムその1

(2014年2月4日(火) 19:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メジャーレーベルで活動する現役クリエイター。親近感あふれる先生

Logic Studioワークショップ
小野塚一真 (Logic Studio)

渋谷・代々木・新宿・高田馬場・池袋・吉祥寺・中野・野方・初台・下北沢・都立大学・自由...

ブログ記事 ページ先頭へ