サイタパソコン教室・IT資格Linux使い方教室大阪 ハシヅメPC Linuxスクール スクールブログ SAMBAはW...

SAMBAはWindowsとの橋渡し

最近LINUXでSAMBAが使いやすくなりました。
SAMBAとSYSTEM-CONFIG-SAMBAをインストールするとWindowsのようにネットワーク上でfileを見ることができます。
ユーザーや共有領域をGUIで設定できます。

従来SAMBAの設定はコマンドでSAMBA。CONFの設定したりWEBMINでの設定などで設定しないと使えませんでした。

SAMBAはWindowsとの橋渡し

(2013年11月11日(月) 20:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

55歳から独学でLinuxをマスター!パソコンに馴染むお手伝いから

新着記事

4/22にリリースのUBUNTU15.04をNECのNOTEにインストールして使用しています。 動作、綺麗さは抜群です。 一応VMware PlayerをインストールしてWindows7も動作するようにしました。

古いPCのWindowsで書かれたHDDのデータを新しいPCのHDDに移す時セキュリティや権限で移せない時にLINUX機につないでコピーするといとも簡単です。 具体的には 古いPCのHDDを外してUSB変換アダプターでPCのUSBに接続 USBまたはCDでLIVE LINUXを起動 U...

Zorin OS Lite RemixをVY-12F(pen-M 1.2GHZ 1.2GBメモリ 80GB HDD)にインストールしてみました。XPだと遅かったのですが生き返りました。このOSはすばらしいですね。POST XPといわれるだけはあります。

XPのサポート終了後に最適のLINUXでUBUNTUの派生 ZORIN OS(特にZORIN OS LITE REMIX)を使って見ました。 WINE(WINDOWS EMULATOR)が最初から入っています。 外観もMACに似ていて使いやすくて速い。 PRINTERはCUPSをINST...

Windows7 Starterの上にWUBIでUBUNTU 12.04LTSをインストール DUALブートで使用しています。 UBUNTUをXUBUNTU-DESKTOPに変更して軽くしています。 不要になればWindows7上でUBUNTUというプログラムを削除すれば元のWindow...

ブログ記事 ページ先頭へ