語学の習い事韓国語教室レッスンノート 韓国語についての概要のご説明

韓国語についての概要のご説明

韓国語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お仕事帰りでお忙しいところ、体験レッスンお疲れ様でした。

今日は、ご自身の韓国語の学習歴やレベルがこちらにきちんと伝わっておらず、大変申し訳ありませんでした。

体験レッスンの内容をまとめますが、すでに大体ご存知の内容でしたのでざっと記載し、学習に当たってのの留意点などをまとめる形にします。


1.はじめに

 学習歴や韓国への旅行のご経験などをうかがいました。


2.韓国語についての概要のご説明

 1)韓国語のハングルの仕組みのご説明

  ・「子音+母音」と「子音+母音+子音」の2通りがある。

  ・表音文字である。

  ・反切表について

  ・字体の違いについて(明朝体とゴシック体)

 2)母音と子音、パッチム

  ・母音には基本母音字(10文字)と合成母音字(11文字)がある。

  ・子音字には、唇を使って出す音(ㅁ,ㅂ,ㅍ)、舌を使って出す音(ㄴ,ㄷ,ㅌ,ㄹ)、歯を使って出す音(ㅅ,ㅈ,ㅊ)、軟口蓋を使って出す音(ㄱ,ㅋ)、喉を使って出す音(ㅇ,ㅎ)の子音がある。またそれぞれの子音字がパッチムになった場合の発音もざっとご説明しました。
    ※ パッチムのついては今回は詳しくはご説明しませんでしたが、次回からの発音のおさらいのところでもう一度確認しましょう。

  ・また、子音字には平音(息をあまり出さない音)、激音(息を激しく出すと)、濃音(息を全く出さない音)の区別がある。
   平音(ㄱ,ㄷ,ㅂ,ㅅ,ㅈ)、激音(ㅋ,ㅌ,ㅍ,ㅊ)、濃音(ㄲ,ㄸ,ㅃ,ㅆ,ㅉ)

 3)主語、述語や目的語や修飾語について

  ・日本語と並びはほぼ同じである。

  ・修飾語の順序が場合によって入れ替わることなども日本語と似ている。


3.今後の学習の進め方について

  ・文字と発音、発音時の音の変化などの基本や、初歩の文法事項や動詞の活用などいくつか学ばれておられるようですので、基本的なところ(文字と発音)はおさらいとして3回程度でざっと押さえましょう。(日本語のハングル表記のところは、きちんとご説明します。)

  ・そのあとは、テキストの第一課から進めてゆきますが、この部分もご存知のところは文法事項や表現、単語などを確認しながら先に進めたいと思います。抜けている部分は重点的にご説明します。

  ・(今日はお話ししませんでしたが)発音をチェックしながら、会話文の抑揚やリズムも韓国語らしくできるようにお教えします。

  ・テキストは下記の教本を使いたいと思います。
   初級Ⅱ、中級Ⅰ、中級Ⅱと続いているのでずっと学習を続けるのには良いと思います。
    「できる韓国語 初級Ⅰ」 DEKIRU出版社 著/新大久保語学院 李志暎
      価格:2,100円(本体2,000円)

以上が本日のまとめです。

※ 聞き取りは、ご自分で発音ができるようになればどんどんできるようになります。

  会話の上達には、発音のほかに語彙力や言い回し(文法事項)のバリエーションを習得することもキーポイントになります。

  大人になってから韓国語を学ぶ場合は、先に日本語の耳ができてしまっているので、文字を書きながら発音し文字と音を一体化して耳になじませることが大切です。またテキストのCDを聞きながら抑揚やリズムまで真似して発音練習をすることも大切です。

  今後の学習の力になれるように私も頑張ります。파이팅!

では、本日はお疲れ様でした。(오늘은 레슨 수고하셨습니다.))
このレッスンノートを書いたコーチ

本業と両立し、韓国語の通訳案内士を取得。ゼロ~翻訳レベルまで

韓国語 いちから
上田隆夫 (韓国語)

渋谷・原宿・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・駒込・西国分寺・新秋津...

レッスンノート ページ先頭へ

韓国語情報

サイタの韓国語講師がブログを通して、韓国語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

韓国語の先生

@KoreanCyta