サイタ語学の習い事韓国語教室静岡 韓国語スクールKPOP スクールブログ BTS - L...

BTS - LOVE YOURSELF 結 Answer intro:Epiphany/歌詞とBTSからのメッセージは?I'm the one i should love 僕は愛するべきの人

今日はBTSの新曲の歌詞と意味の解析(個人的な)もアレンジしてみたいと思います。
BTS(防弾少年団)が皆さんに伝えたいメッセージを一緒に考えてみたいと思います。

歌の始まりは君のことをすごく愛していると語ります。
-------------------------------------------------------------------
참 이상해 분명 난 너를 너무 사랑했는데
(チャム イサンヘ ブンミョン ナン ノルㇽ サランヘッヌンデ)
とても不思議だよ 僕は君のことすごく愛していたのに
모두 너에게 맞추고 널 위해 살고 싶었는데
(モドゥ ノエゲ マチュゴ ノㇽ ウィヘ サㇽゴ シポッヌンデ)
全て君に合わせて、君のために生きて行きたかったのに
-------------------------------------------------------------------
途中省略(レッスンで教えます。^^;)

最後の歌詞は以下のように終わります。
-------------------------------------------------------------------
좀 부족해도 너무 아름다운걸
(ゾㇺ ブゾッケド ノム アルㇺダウンゴㇽ)
すこし足りなくてもとても奇麗だから
I'm the one i should love
僕は愛するべきの人
-------------------------------------------------------------------
もちろん相手のことも大事ですがそれだけで自分自身を失ってはいけない
そのようなメッセージを伝えたかったと思います。

皆さんも友達や家族には「大丈夫だよ」「頑張ってね」「お疲れ様」とよく言うと思います。
それでは自分自身にはどうですか?
結果がよくなかった時「ほらそうなると思った」「お前はなぁ」って
自分自身を責めたりしてませんか?
どれだけ頑張ったのか、辛かったのかは誰より自分自身が知ってるはずです。
"僕は愛するべきの人"
BTSのメッセージを感じ、受けいれられる人は
今日からでも自分自身に「お疲れ!頑張ったなぁ!」って言ってみてください。

「I'm the one i should love」

 

(2018年8月14日(火) 9:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

K−POPをもっと楽しもう!気さくなネイティブコーチと楽しく上達

新着記事

今日は、BTSの新アルバムの中でSUGAが歌った「シーソー」という曲の中で 面白い表現を一つ見てみます。 歌詞にある「오르락 내리락(オルラㇰネリラㇰ)」は、 上がったり下がったりの意味です。 シーソーの動きを表現してます。 「락ラㇰ」は「~(し)たり」と同じような使い方をし...

TWICEって説明は要らないですよね。^^; 今回紹介する歌詞は、ハートシェーカーです。 とても可愛い歌詞の曲ですので皆さんぜひ練習してみてください。 発音に注意してもらいたいのは「내가私が」と「네가あなたが」です。 残念ながら日本語では「ネガ」としか書けないです。 ただし「네가」を...

今日はBTSの新曲の歌詞と意味の解析(個人的な)もアレンジしてみたいと思います。 BTS(防弾少年団)が皆さんに伝えたいメッセージを一緒に考えてみたいと思います。 歌の始まりは君のことをすごく愛していると語ります。 ----------------------------------...

今日は皆さんにおすすめできる韓国のドラマ「太陽の末裔」のOSTの中で 一曲を紹介したいと思います。 Gummy(거미)は、韓国の女子アーティストでとても有名な方です。 ドラマのOSTも時々歌ってます。 和訳すると「蜘蛛」になります。怖い??! 運命の恋に落ちる二人の物語、この...

今日は可愛い歌詞のBTS(防弾少年団)の曲を紹介します。 特にえくぼのある方にはお勧めします。えくぼの彼女のいる方にも! 歌の始まりはえくぼをこんな感じで表現してます。 ---------------------------------------------------------...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、韓国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ