サイタ語学の習い事韓国語教室神奈川 キヨミの韓国語教室 スクールブログ 分かるとは、忘...

分かるとは、忘れること

昔の中国の話をします。

庖丁(ほうてい)という料理人。
牛をさばくのが見事で、王様の前で披露していたというのですから、舞か演奏のように人を感動させるほどの腕だったのでしょう。

彼によると、3年ほどは考えながらさばいていたものが、それ以降は牛すら見ず、ただ刀を遊ばせているだけだといいます。
刀は骨にひっかかることもなく、刃こぼれもせず長持ちしている。

無意識なのに、意識的に考えてさばくよりも見事な出来な訳です。


語学にもこれは当てはまります。

ペラペラ、スラスラというのは、無意識ということです。

外国語をペラペラ話すのには、どこかで無意識にならなくてはいけない。


無意識になるためには、反復練習しかありません。
何度も繰り返すことで無意識に出来るようになる。


逆にいえば、身についたら頭に置いておく必要はありません。

文法という道具は、語学を習得するための手段であって、習得できたのならもう文法はいらなくなります。

本当に分かるとは、忘れるということなんだそうです。

 

(2015年5月28日(木) 19:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

韓国滞在10年!ネイティブレベルなので、発音に自信がない方も必見

キヨミの韓国語教室
宮薗喜代美 (韓国語)

武蔵小杉・武蔵中原・武蔵新城・溝の口・登戸・駒沢大学・桜新町・二子玉川・二子新地・高...

ブログ記事 ページ先頭へ