全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室千葉 韓国語ワールド スクールブログ 韓国の食堂~お...

韓国の食堂~お持ち帰り「ポジャン」制度!?~

みなさん、こんにちは!
韓国語ワールドの金本です☆

またまた更新が遅れてしまって、すみません・・・。
ブログを書かないうちに、あっという間に4月に突入しそうですね><
気候も急に暖かくなって、やっと春到来☆嬉しいです^^
良い天気が続くので、外に出掛けたり、何か始めたい気持ちになります!!

さて、今回のブログのテーマなのですが、最近、新大久保に行く機会がありまして、
久々に行って思い出したことを書こうと思います!

それはズバリ!

「ポジャン」制度!!

制度っていうのは、私が勝手につけましたが・・・(笑)
韓国で持ち帰りをする時、よく「ポジャンヘジュセヨ」といいます。
「ポジャン」が「包装、荷造り」といった意味合いなのですが、
初めて韓国に行った時、パジョンのお店で食べきれず、残して帰ろうとした時、
「お包みしましょうか?」と店員さんが声をかけて下さったことを今でも思い出します。

それまで、食堂で食べたものの残りを持ち帰ることが出来るということは知らなかったので、「ポジャン」制度は、韓国の文化の中で衝撃を受けた文化の一つでもあります。

それ以来、ファーストフード店で持ち帰りする時だけでなく、よく食堂などで食べきれなかった時など持ち帰れるものであれば、「ポジャン」をしてもらうことが多々ありました。

この前、新大久保でも同じような状況になり、もったいないな~と考えていた時に、
ふと思い出した「ポジャン」制度!
「でも、ここ、日本だしな・・・いくら店員さんが韓国の人たちでも、ポジャンは無理かな?」
なんて思いつつも、聞いてみたのですが、店員さんは当たり前のように、ごく自然に持ち帰り用にして下さいました!

やはり「ポジャン」は韓国の素敵な文化☆
捨ててしまうものであれば、持ち帰ってもらえるようにする!といった考え方なのかな、
と勝手に解釈しているのですが・・・(笑)
残ったものを何でも捨ててしまうよりも、とても環境に優しいな、と私は思います!

みなさんも、「ポジャン」可能なもの(生ものとかは駄目だと思いますが・・・)
キンパプや、チヂミ、チキン、ピザ等々、ポジャン出来そうな時は是非!お持ち帰り制度、使ってみて下さい^^

 

(2014年3月29日(土) 16:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

延世大学の語学校に留学。K-POPをはじめ、無類の韓国好き!

ブログ記事 ページ先頭へ