サイタ語学の習い事韓国語教室東京 韓国語 いちから スクールブログ ヒガンバナ(彼...

ヒガンバナ(彼岸花)

9月も下旬にさしかかりました。

9月23日は秋分の日、秋の彼岸の中日ですね。

秋の彼岸と言えば、日本のどこでも田んぼの畔や道の傍、墓地などで目にする花があります。

そう、ヒガンバナ(彼岸花)ですね。曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも言いますよね。

調べてみると、もともと日本に自生する花ではなくて中国から帰化したものなのだそうです。

鱗茎にアルカロイドを含む有毒植物であることも広く知られています。

日本では有名な群落地がいくつか知られていますが、埼玉県日高市の巾着田の曼珠沙華群落地は関東地方でも有名ですよね。

毎年、ホームページで開花状況が紹介されています。今年は9月20日現在だいぶ開花しているようです。

(リンクを貼ります)
 日高市・曼珠沙華の里「巾着田」公式ホームページ

巾着田付近は、高句麗(고구려:コグリョ)が滅亡したのちに日本に逃れてきた高句麗(고구려:コグリョ)の人々が帰化して移り住んだとところして知られており、高麗神社や聖天院などの高句麗(고구려:コグリョ)にゆかりのある神社や寺院もあります。

のどかな田園風景が広がっており、のんびりした気分に浸りながら周辺を歩くことができます。

話しがそれてしまいましたが、ところでヒガンバナ(彼岸花)は韓国では見ることができる花なのでしょうか?

日本ほどよく見られる花ではないのですが、実は韓国の南西部の全羅南道(전라남도:チョルラナムド)にはには自生地がり、群落地として有名なところがあって、マスコミなどで紹介されているようです。

さて、ヒガンバナ(彼岸花)は韓国語では、何というのでしょうか?

석산(石蒜:ソクサン)と言うそうで、꽃무릇(コッムルッ)とも呼ぶそうです。

群落地は、すべて全羅南道(전라남도:チョルラナムド)になりますが、영광군(靈光郡:ヨングァングン)の 불갑사(佛甲寺:プルガプサ)、함평군(咸平郡:ハムピョングン)の 용천사(龍泉寺:ヨンチョンサ)、 고창군(高敞郡:コチャングン)の 선운사(禪雲寺:ソヌンサ)などがあるそうです。

韓国では、ヒガンバナ(彼岸花)とナツズイセン(夏水仙)が混同されているようで、本来ナツズイセン(夏水仙)を韓国では상사화(相思花:サンサファ)というそうなのですが、ヒガンバナ(彼岸花)のことも상사화(相思花)と呼ぶことが多いようです。

ナツズイセン(夏水仙)は花が咲くときには花茎が出て花だけが咲き、花が終わって花茎が枯れてから葉が出てくるため、「葉は花を思い、花は葉を思う。」というところから상사화(相思花:サンサファ)と呼ぶのだそうですが、ヒガンバナ(彼岸花)も同様に花と葉が同じ時期に出ることがないためにやはり상사화(相思花:サンサファ)と呼ぶようになったといことだそうです。

불갑사(佛甲寺)と용천사(龍泉寺)では、ヒガンバナ(彼岸花)祭りが開かれるそうなのですが、불갑사(佛甲寺)では상사화 축제(相思花 祝祭:サンサファ チュクチェ)と言い、용천사(龍泉寺:ヨンチョンサ)では꽃무릇 축제(--- 祝祭:コッムルッ チュクチェ)と言うのも、きっとヒガンバナ(彼岸花)を混同して상사화(相思花:サンサファ)と呼んでいるからなのでしょうね。

このように、韓国では一部の地方にしか自生していないせいか、日本人にはおなじみのヒガンバナ(彼岸花)ですが、韓国人に写真を見せても「見たことがない。」とか「知らない。」という人が多く、「知っている。」という人はごくごく少ないのではないでしょうか?

私も韓国人の知り合いの何人かにヒガンバナ(彼岸花)の写真を見せましたが、残念ながら知っている人は誰もいませんでした。

でも、私はいつか、韓国の석산(石蒜:ソクサン)の群落地を訪ねてみたいと思っています。

今回は韓国語の学習とはすぐに結びつかない内容でしたが、韓国の석산(石蒜:ソクサン)=ヒガンバナ(彼岸花)と상사화(相思花:サンサファ)=ナツズイセン(夏水仙)の写真も貼っておきます。

ヒガンバナ(彼岸花)ヒガンバナ(彼岸花)

(2013年9月21日(土) 1:29)

前の記事

次の記事

新着記事

2014年もいよいよ押し詰まり、大晦日を迎えました。 韓国では、年が暮れる頃になると、「さようなら20XX年」という意味で、マスコミやネットでよく"아듀,20XX년"のような表現が使われます。 そして、「多事多難だった20XX년(다사다난헀던 20XX년:タサタナネットン 20XX...

11月も上旬の終わりになり、日暮れが早くなりました。 さて、今年の11月5日は、「後の十三夜」の名月ということでちょっと話題になりましたね。 旧暦(음력:陰曆)の閏(うるう)9月の13日の月だったということで、この現象が現れたのは1843年以来171年ぶりのことだったと話題になりま...

今日、9月8日は仲秋の名月(十五夜)ですね。 ということは、旧暦(陰暦)(음력:ウムニョク)の8月15日、秋夕(추석:チュソク)です。 秋夕(추석:チュソク)は、普通は9月の後半から10月前半になることが多いのですが、今年は陰暦(음력:ウムニョク)と陽暦(양력:ヤンニョク)の関係上...

9月に入りました。 今年は日が暮れるともう秋の気配が感じられますね。 さて、Cytaでは受講生3万人突破を記念して「入会金無料キャンペーン」を開始しておりますので、取り急ぎご案内いたします。 以下にキャンペーンの内容を転載いたします。 新たにCytaで韓国語を学びたいと...

皆さんは、どんなテキストで韓国語を学んでおられますか? 街の書店ではいろいろな韓国語の教材が並んでいます。私が学び始めた頃とは大違いですね。それにほとんどにCDがついていて実際の発音を聞くことが出来るようになっています。 そして、初心者用のテキストの多くは、ハングルの上や下に日本語...

ブログ記事 ページ先頭へ