サイタ語学の習い事韓国語教室広島 hana.maru 韓国語 スクールブログ 引っ越し

引っ越し

先月、近所ですが引っ越しをしました。
結婚してから6か所目の我が家。
心機一転、広島生活を楽しみたいと思います!

私の韓国ワーホリ生活は、ソウル・新村のコシウォン(考試院)を拠点に始まりました。
部屋の広さは約3畳。
ベッド、机、本棚、テレビ、洋服掛けが備え付けであり、
2002年当時で37000ウォンでした。
韓国人の友達に言わせるとコシウォンにしては高めだということでしたが、
共同キッチンには白ご飯が常に準備されていましたし、
改装したてでとてもきれいでした。

なにより、管理人のアジュンマがとっても親切だったこと、
延世大学・梨花女子大から近いこともあって、
いろいろな国の学生が住んでいて刺激的だったこともあり
1年間ずっと同じところに滞在していました。

ところで韓国の引っ越しって日本と違うんでしょうか?

思いつくのは、
・はしご車のようなもので、荷物をベランダから運び込むこと。
→家具の大きさと通路幅を気にしなくていいのがうらやましい!

・引っ越しするときは掃除しなくてもいいこと。
→出る方は楽でいいけど、入る方は・・・

・引っ越しそばの代わりに「ジャジャンミョン」を食べること。
→電話一本で配達してくれるから手軽~

・引っ越しパーティー「チプトゥリ」をすること。
→これはある意味引っ越しそのものよりも大変かも。

・引っ越し祝いにトイレットペーパーや洗剤をあげること。
→ザ・実用品!
トイレットペーパーのようにスルスルと円滑に進みますように。
財産や幸せが泡のようにふくらみますように、という意味があるそうです。

うーん。違うような、似てるような?
どっちにしろ、引っ越し作業は大変ですね。

 

(2013年9月5日(木) 23:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

関西国際空港の元韓国語スタッフ。ソウルでの留学エピソードも聞ける

hana.maru 韓国語
東蓉子 (韓国語)

西広島・新井口・五日市・草津南

ブログ記事 ページ先頭へ