全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 夢を叶える韓国語レッスン スクールブログ 故郷が変わる!

故郷が変わる!

アニャセヨ。夢を叶える韓国語レッスンのパクです。

南麻布の韓国領事館に行ってきました。パスポートの更新のためです。
そこでびっくりなことが。

私は在日コリアンの三世で、いわゆる「特別永住者」と言われる人です。
生まれは日本。もちろん、両親の生まれも日本。祖父が韓国で生まれました。

なので、外国人登録証には、祖父の生まれたところが「本籍地」として記載されています。
実際には行ったことはありません。

慶尚南道山清郡。ここが、私の本籍地です。ここまでは良いのです。
その続きが、「生章面」という地名になっているのですが、
領事館では、「生章面」という地名はないとのこと。たぶん「生草面」ですねといわれ、領事館に登録してある私の本籍は、「生草面」となりました。

「草」と「章」。漢字は似てますね。
読み方は、「チョ」と「ジャン」、かなり違います。

どこで間違ったのか? 誰が間違ったのか?
自分の本籍地-故郷が実は間違っていたというのは結構ショックでした。

「あっしゃあ深川生まれの江戸っ子でい!」と思っていたら、
実は埼玉の深谷の出身だったっていうくらいのショック。
江戸っ子としての心意気も何もあったものじゃありません。

漢字を使える、漢字を知っているというのは、韓国語を学ぶ上でとでも有効です。
今回は漢字の読み間違いから始まった「悲劇」ですが、やはり漢字をしっている日本の方は韓国語に向いていると思います。

漢字を取り入れた韓国語のレッスンもあります。
そんな感じで、てやんでい!

故郷が変わる!

(2013年8月19日(月) 13:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大学にて指導8年!韓国語での脚本製作や輸入会社での勤務経験も

夢を叶える韓国語レッスン
パクソンド (韓国語)

東京・田端・西日暮里・日暮里・鶯谷・上野・御徒町・秋葉原・神田・南浦和・尾久・赤羽・...

ブログ記事 ページ先頭へ