全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室兵庫 すな ハングル講座 スクールブログ パン 빵 팡 ...

パン 빵 팡 の違い

안녕하세요. 神戸-すなハングル講座-朴すなです。

今日はパンの話です。

「빵」「팡」

日本語ではどちらも

「パン」になりますが


팡 ← は、銃の音を表現するとき

팡팡팡

いうイメージが浮かびますので

빵 ← とは違う言葉になります。



私が「빵」と言っても、日本の方は、どちらかというと

「팡」と発音されることが多い気がしますが


日本語の「ン」が、韓国語では「ㄴ」「ㅇ」

二つに発音されるので

この違いを分別するのも難しいようですが


それプラス、「ㅃ」「ㅍ」 の発音の違いも難しいので

どちらも「パ」になり、「パン」になるのだと思います。



「빵」は食べられるけれど

「팡」は食べられない...


팡 は、風船が割れたとか

音の表現で使う言葉になるので

生徒さんとパンの話題が出たときは

「팡 パン」ではない「빵 パン」の発音練習をしています。


発音は、練習の回数で、いつかはその音に近づけますので

正しい発音が出来るまで、無理なく練習してみることをお勧めしています。



あんぱんを見てふっと思い出したんで

「빵」と「팡」の違いを簡単に書いてみました。



パン 빵 팡 の違いパン 빵 팡 の違いパン 빵 팡 の違い

(2013年7月28日(日) 9:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

滞日30年以上・書道の師範資格保有!ボランティアでも大好評のレッスン

すな ハングル講座
朴すな (韓国語)

兵庫・垂水・舞子・西明石・名谷・学園都市・西神中央

ブログ記事 ページ先頭へ