全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室千葉 韓国語ワールド スクールブログ 韓国語の感情表...

韓国語の感情表現~歌詞やセリフに込められた意味!?~

みなさん、こんにちは!!

最近は、今まで見れなかった昔のドラマを見ることに
ハマっているのですが、みなさんも韓国語の勉強、
続けていらっしゃいますか??^^

そんな今回のテーマがこちら!

「韓国語の感情表現」

についてです☆

韓国語を習い始めた方や習っていらっしゃる方は
ご存知かもしれませんが、韓国語って、本当に感情表現が
豊かなんですよね。
韓国の歌を聞いても、ドラマを見ても日本では絶対に
言わないような表現ばかり。

特に体を使った表現が多いのですが、例えば、
「胸が痛い」から始まり「胸が張り裂けそう」「胸がズキズキ痛む」
「胸を打つ」など「胸」を使った表現だけでも数えきれないくらいありますし、
その言葉一つ一つがなんだか、重い・・・日本語ではなかなか
表現されないような歌詞やセリフが多いんですよね。
なので、分かりやすいように日本語に意訳されてしまうと
直訳とは全然違っていたり・・・。

なので、ドラマを見た時にオススメしたいのが、感情表現の部分は字幕を見てしまうより、
直接どんな意味なのか、調べてみることです。
もちろん、まだ始めたばかりだと難しいかもしれませんが、少しでも聞き取ることが
できるようになった時、実践してみることをオススメします!
実際、感情表現の部分は短いセリフだったり、フレーズだったり
することが多いので、調べるとすぐにわかることがほとんどです。

好きなシーンなどは何回見ても飽きないと思うので(←私だけでしょうか?笑)
是非、みなさんも実践してみて下さい^^

 

(2013年6月8日(土) 18:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

延世大学の語学校に留学。K-POPをはじめ、無類の韓国好き!

ブログ記事 ページ先頭へ