全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室京都 ノウル韓国語教室 スクールブログ 電子辞書?紙の...

電子辞書?紙の辞書?

みなさんはまだ韓国語辞書をお持ちでないでしょうか。それともすでに電子辞書をお持ちかもしれませんね。電子辞書はとても便利なものですが、「紙の辞書」には、電子辞書とはまた違った良い所がたくさんあります。今日はそのお話をしましょうか。

私の最初の辞書は、友だちが譲ってくれた古い韓日辞典でした。最初は辞書無しで勉強していたので、おさがりの辞書がとてもありがたくて、しばらく大事に使っていました。そのうち小学館「朝鮮語辞典」というとても評判の良い辞書があることを知りましたが、買うまでにはまた少し時間がかかりました。なぜかというとこの辞書、とても高いのです(八千円ほど)。

でも清水の舞台から飛び降りたつもりで小学館「朝鮮語辞典」を買ってから、勉強はますます楽しくなりました。この辞書には、日本で韓国語を勉強する人たちのために必要な内容がぎっしり詰まっています。韓国語のむつかしさの1つは、さまざまな不規則活用ですが、作文をするときに、辞書の見出し語と連動している巻末付録の「用言活用表」がものすごく役に立ちました。また日本語とそっくりな韓国語もやはり外国語ですから似て非なる部分も多いのですが、そのような間違いやすい単語の使い方をまとめた表もあちこちに付いています。この辞書を愛用している方には、「お気に入りの読み物みたいに、何かあると開いて読んでいます」という方が多いです。

電子辞書はすばやくお目当ての単語を探す事ができて便利ですが、紙の辞書は単語を探す過程で子音や母音の並び順も自然と覚えていきます。また引いた単語の前後にあるたくさんの情報を一目で見渡すことができるので、ふくらみのある勉強ができますよ。

私の辞書はすっかり手垢で汚れて、ページもばらばらになりかけていますが、今でも大事な宝物です。、最近は小さな文字を読むのに老眼鏡が必要なので、つい文字を大きく出来る電子辞書に頼りがちですけれどね。

 

(2013年6月3日(月) 22:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

現役の通訳・翻訳家。初学者ならではのお悩みも、じっくり解決

ノウル韓国語教室
山口由紀子 (韓国語)

京都・桃山御陵前・小倉・河原町/四条・烏丸

ブログ記事 ページ先頭へ