全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 スララ先生のすらすら韓国語 スクールブログ 明日使えるムダ...

明日使えるムダな韓国語_その7_コッセムチュイ(花冷え)

このコーナーでは、単語を覚える「きっかけ」を
ゆる~く♪連載して行こうと思います。
今日覚えてもムダ…かも知れませんが、
いつか使える「単語力」を目指してGO!ヾ(≧∇≦*)ゝ

「明日使えるムダな韓国語」本日の言葉は
「꽃샘추위(コッセムチュイ;花冷え)」です。

韓国と日本は、言葉だけではなく、気候までも似ていますね。
なので、気候に関する言葉にも共通点がたくさんあります。
春夏秋冬、四季、梅雨、蒸し暑い、立春、冬将軍…などなど
数え切れないくらいです^^;
(近いから当たり前か…Σ(゜д゜υ))
そんな中、本日は春を迎えるためには避けられない
「花冷え」、「꽃샘추위(コッセムチュイ)」について勉強してみましょう。

ちょうど今の時期ですね。
少し暖かくなったと思ったら、急に寒くなったりしますから、
お花さんたちも、咲こうか咲くまいかと…悩んでしまう季節です。
日本と韓国、両国の首都を比較してみると、
東京よりソウルの方が遥かに寒いわけですが、
この「꽃샘추위(コッセムチュイ)」も東京よりかなり厳しく寒いのです。
..・ヾ(。>д<)シしゃむいぃぃぃぃ

実際に昨年3月にソウルに行ったときでした。
もう東京(の気候)慣れしている私は、
「もう春やわ~(癶ε癶о)♪」と薄着のままソウルに行ってしまったのです。
(((p(>o<)q))) いやぁぁぁ
まあ~寒いですよ!花冷えといっても、氷点下になったりするので、
東京(の気候)慣れしている方は、3月のソウルにはご注意ください!

さて、「꽃샘추위(コッセムチュイ)」という言葉ですが、
「꽃」は「花」、「샘(시샘の略)」は「嫉妬」、「추위」は「寒さ」を意味します。
面白いのは「샘」ですね!やきもち焼いちゃうの?
誰が誰に???w
自分の季節が終わり、きれいな花の季節になることを
寒さが嫉妬する…という意味ですね。
要するに「寒さが花にやきもち焼いちゃう」とのことです。

寒さと言えば冬将軍…キツくて厳しいイメージの彼ですが、
花にやいているなんて!可愛いとこあるじゃないですか!!≧ヮ≦
では次回をお楽しみに!(^-^)/~~

 

(2013年3月6日(水) 19:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ソウル出身・滞日10年。趣味~ビジネス向けまでベストな学習方法を提案

ブログ記事 ページ先頭へ