全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 スララ先生のすらすら韓国語 スクールブログ 明日使えるムダ...

明日使えるムダな韓国語_その2:やかん

このコーナーでは、単語を覚える「きっかけ」を
ゆる~く♪連載して行こうと思います。
今日覚えてもムダ…かも知れませんが、
いつか使える「単語力」を目指してGO!ヾ(≧∇≦*)ゝ

「明日使えるムダな韓国語」本日の言葉は
「やかん」「주전자(チュジョンジャ)」です。

まだまだ寒い1月ですから、
コーヒーやお茶など、温かい飲み物がこいしくなりますね。(*´∀`*)
そんなときに活躍してくれるのが、
そう「やかん」「주전자(チュジョンジャ)」です。
例によって、今日もまた辞書より実際に使われている言葉を見てみましょう。

日本の「やかん」が「薬缶」という風に
薬のための容器だったのとは違って、
韓国の「주전자」は「酒煎子(チュジョンジャ)」という風に
お酒のための容器だったのですね!
さすが酒好きの国!≧ヮ≦★☆

今や「やかん」にも「ポット」や「ケトル」など
いろいろな呼び名がありますが、原型は「やかん」ですね。
韓国でも同じです。

もちろんネットショップなどでは、
火にかける食器のことを「やかん;주전자」
電気で沸かすケトルなどを「ポット;포트」
と区別したりもしますが、
まあ、日常生活では、これらはまとめて「주전자(やかん)」なのです。
ちなみに、電気ケトルも電気ポットも
「전기 포트(電気ポット)」と言います。
また、「ケトル」と「ポット」の区別もなく
まとめと「포트(ポット)」なのです。

ご年配の方の中には、電気ケトルなどを
「커피 포트(コーヒーポット)」と言う場合もあります。
コーヒーのためのお湯じゃなくても「커피포트(コーヒーポット)」
と言うのです。これを言うとちょっと年寄り扱いされる…
かもしれません。(*¬ε¬*)

実際には、最近よく使う「電気ケトル」のことを
ただ「주전자(やかん)」と呼ぶか、
頑張っても「전기 주전자(電気やかん)」ですね。

ですから、お湯を沸かすための、注ぎぐちがついているものは、
電気の使用を問わず「주전자(やかん)」と
呼んで正解なのです。(>∀<)b

うんうん、韓国っぽいですね!(*`・ω・´)ノ
大らかというか言うか、おおざっぱと言うかは
あなた次第です^^

では次回をお楽しみに!(^-^)/~~

明日使えるムダな韓国語_その2:やかん

(2013年1月30日(水) 17:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ソウル出身・滞日10年。趣味~ビジネス向けまでベストな学習方法を提案

ブログ記事 ページ先頭へ