全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 スララ先生のすらすら韓国語 スクールブログ 明日使えるムダ...

明日使えるムダな韓国語_その1:スリッパ

このコーナーでは、単語を覚える「きっかけ」を
ゆる~く♪連載して行こうと思います。
今日覚えてもムダ…かも知れませんが、
いつか使える「単語力」を目指してGO!ヾ(≧∇≦*)ゝ

「明日使えるムダな韓国語」最初の言葉は
「スリッパ」「슬리퍼(slipper)」です。

「一緒や~ん!」ヽ(*`Д´)ノ「もう覚えてるわ!」
さあ皆さん、落ち着いてください。
すでにハングルが読める方のブーイングはさておき…。

日本語と韓国語は非常に似ていて、発音や意味、外来語などが
同じ言葉は、たくさんあります。「スリッパ」もその一つです。

「スリッパ」は外来語ですね。英語から来てんのか?そうなのか?
多分そうじゃない?詳しくは、ハハハ…ふむふむ…(@Д@|||)

韓国語の辞書で「슬리퍼」を引くと
「かかとの部分ががついていない、室内用の靴のこと」とありますね。
まあ…辞書は大事ですが、このコーナーではあまり使わないので
閉じておきましょうね。

正しい意味も大切ですが、実際にどう使われているのかが問題!
「슬리퍼」は実際に「쓰레빠」と発音されることも多く、
広く「サンダル」の意味で使われることが多いのです。

ですから、かかとの部分がない靴のほとんどが「슬리퍼」なのです。
もちろん内履きのことも同じです。

数年前からめちゃめちゃ流行っている「クロックス」をご存じですね。
あれの定番デザインの形…韓国人にとって、
あれは「スリッパ」的なものになるのです。

韓国を旅行する機会がある方は、電車やバスの中で人々の足下を
よく観察してみてください。「クロックス率」の低さに驚くでしょう。
近所のコンビニとかまではいいけど、
「スリッパ」を履いてお出かけはしないのが、韓国人なのです♪

では次回をお楽しみに!(^-^)/~~

明日使えるムダな韓国語_その1:スリッパ

(2013年1月23日(水) 10:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ソウル出身・滞日10年。趣味~ビジネス向けまでベストな学習方法を提案

ブログ記事 ページ先頭へ