全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室兵庫 すな ハングル講座 スクールブログ 韓国からの手紙...

韓国からの手紙(オパ!)★한국에서 온 편지(오빠!)

生徒さんのご主人の仕事関係上、韓国会社側の社長さんと
ハングルを知っている奥さんが手紙のやり取りをしているらしく
ご相談がありました。

韓国から送られてきたハングル手紙に
生徒さんが返事を書いていたのは2回目だったようですが...

相談された内容は

「オパ★오빠」 いう言葉の使い方(?)について
両国の感覚的な微妙な違いの部分でした。


2回目の時、韓国から手紙を送ってくれるご本人の
年齢を聞いていたようですが
その返事に書かれている言葉に、とっても驚いてしまったのだと...
私に手紙を見せてくれました。


韓国会社の方(男性)が、生徒さん(女性)より
年齢が一つ上だったようで
生年月日も書いて、歳がご自分が一つ上になるから

これから 「B(苗字)오빠(オパ)」 と、呼んで良いですよと
手書き絵文字も最後に入れて、その部分は
半分、韓国式冗談交じり雰囲気で書かれているような手紙でした。


このような会話は、韓国では一般的に抵抗無く通用するけれど
日本では、とっても抵抗感を感じてしまい
気持が引き下がることを、韓国会社側の男性は解っていなかったのでしょう。


そのあと、手紙の返事を書くとしたら
どのように書いたら良いのかのご相談でしたので


『아무리 그래도 B오빠라고는 부를 수 없습니다.
 일본에서는,그런 습관이 없어서요. 』

「もしそうだとしても Bオパとは呼ぶことが出来ません。
 日本では、そのような習慣がありませんので」


やんわり日本の礼儀も伝えつつ、生徒さんのハングル手紙の
実力が実っていけるよう、フォローしてみました。


■日本では、『他人と身内』 という関係の違いから
 言葉も意識の風習も、韓国とはかなり違うことと

■韓国では、『目上、目下』 立場の違いから
言葉の風習も呼び名の習慣も、日本とまったく異なること


この2点が、正面衝突すると、どちらかが驚いてしまい
逆効果を生んでしまうことを、お互いに分かち合えることが大切ですね。(^^)☆(^^)

韓国ドラマや映画の影響で、オパ!(오빠!) といいう言葉の意味が
もしかして、日本で一人歩きしているのかも知れないと感じました。


韓国では、年齢を重ねておじさん、おばさんになっていても
自分より年上の男性を 「何 오빠! 」 と呼ぶことって
そんなに珍しいことではないのです。

前に、何も入れずに、「오빠!」 だけなら、もっと親しみがある言葉になりますが
苗字を入れて、「誰오빠!」 と呼ぶことには、特別な意味はないと説明すると
生徒さんの気持も、少しは驚きが減って、軽くなったようでした。


でも、やっぱり! 「B오빠」 とは言えませんので書きませんけれど
今度は、家族関係をハングルで書いて送ってみると言ってました。

素晴しい一歩前進☆に
私は、心の奥で拍手☆パチ!パチ!音を立てていました。


今日の学習内容から、私が作成している宿題をもって
生徒さんは明るい笑顔で、バイク姿で格好よく帰りました。


韓国からの手紙(オパ!)★한국에서 온 편지(오빠!)韓国からの手紙(オパ!)★한국에서 온 편지(오빠!)

(2012年12月5日(水) 12:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

滞日30年以上・書道の師範資格保有!ボランティアでも大好評のレッスン

すな ハングル講座
朴すな (韓国語)

兵庫・垂水・舞子・西明石・名谷・学園都市・西神中央

ブログ記事 ページ先頭へ