全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 韓国語 いちから スクールブログ 霧の海

霧の海

春(봄:ポム)や秋(가을:カウル)の天気の特徴はと言えば、晴れと雨の日が交互に訪れて季節が変わっていく、すなわち春は一雨ごとに暖かくなり、秋は一雨ごとに寒さが加わるということでしょうね。

一方、春(봄)は空気中の埃や水蒸気のためか晴れても霞んだ空(春霞)になることが多く、秋(가을)の天気は澄んだ高い空が特徴だったりしますね。

春(봄)や秋(가을)の気候の特徴としてはもう一つ、朝(아침)と昼(낮)の気温の差(日較差:일교차:イルギョチャ)が大きいことがあげられます。

日本でも気温の日較差(일교차)が10℃以上になることがありますが、韓国では春(봄)と秋(가을)の晴れた日には日較差が10℃以上になることが珍しくありません。

こんな時には、韓国の天気予報では「日較差が大きいので、風邪(감기:カムギ)をひかないように、健康管理に留意ください。」という一言が付け加えられます。

また、この大きな日較差のため春(봄)や秋(가을)は韓国の内陸部では明け方から午前中にかけて霧(안개:アンゲ)がかかることが多いのです。

秋(가을)の晴れた日の朝に、ソウル(서울)の金浦空港(김포공항:キムポコンハン)から釜山(부산:プサン)の金海空港(김해공항:キメコンハン)まで韓国の国内線を利用したことがあるのですが、金浦空港(김포공항)を離陸後暫くして飛行機が内陸に差し掛かると何処も濃い霧に覆われていて、地上の景色は霧の海に島のように浮いている山ばかりだったという経験をしたことがあります。

窓際に座れたので、何処を飛行しているのか眼下に見える町や高速道路、そして川や山の景色でわかるのではないかと期待していたのですが、途中見えるのはずっと山の上の部分だけ、途中の飛行コースはまったくわかりませんでした。

軍事面のこともあってか、韓国の国内線の機内誌にはルートマップなどがないので、地上の景色から判断するしかないのですが・・・・・。

また、ソウル(서울)も海からは少し離れているので、春(봄)や秋(가을)には金浦空港(김포공항)も霧(안개)のために航空便が欠航になることがあるのです。

この霧(안개)による欠航を避けることも新国際空港が仁川(인천:インチョン)の永宗島(영종도:ヨンジョンド)に決まった要因だと言われています。

ところで、前回キムジャン(김장)のことを書きましたが、キムジャン(김장)に適したシーズンの予報が韓国の気象庁から出ました。

今年は、ソウル(서울)、京畿道(경기도:キョンギド)や江原道(강원도:カンウォンド)では11月下旬から12月上旬、大田(대전:テジョン)、忠清南北道(충청남북도:チュンチョンナムブクト)や大邱(대구:テグ)、慶尚北道(경상북도:キョンサンブクト)や全羅北道(전라북도:チョルラブクト)などでは12月上中旬、釜山(부산)、慶尚南道(경상남도:キョンサンナムド)や光州(광주:クァンジュ)、全羅南道(전라남도:チョルラナムド)、済州道(제주도:チェジュド)では12月下旬以降がキムジャン(김장)に最適な時期だとのことです。

さしずめ、キムジャン(김장)前線といったところでしょうか。

 

(2012年11月17日(土) 0:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本業と両立し、韓国語の通訳案内士を取得。ゼロ~翻訳レベルまで

韓国語 いちから
上田隆夫 (韓国語)

渋谷・原宿・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・駒込・西国分寺・新秋津...

ブログ記事 ページ先頭へ