サイタ語学の習い事韓国語教室東京 韓国語 いちから スクールブログ 韓国の秋

韓国の秋

10月も半ば、関東地方もやっと秋らしい天気になりました。

ご存知の方も多いと思いますが、韓国を旅行するには秋が一番良い季節ですね。

秋が良いのは、食べ物が美味しい(맛있다:マシッタ)ということもありますが、景色が美しい(아름답다:アルムダプタ)ということが一番かも知れませんね。

最近では、週末を利用してちょっと韓国へということも多くなったのではないでしょうか。ですから、夏休みや年末年始、春休みの期間以外に秋に韓国に行かれる方も多いと思います。

さて、10月も下旬になると、山だけではなくソウル市内の木々も色づいてきます。

ソウル市内でもあちこち大小の公園があるのですが、公園に行ってみると、色づいた木々の葉に交じって風もないのに枯れた葉がとめどもなく音もなくハラハラと落ちてくる光景を目にすることができます。

また、家々の塀や建物に赤く色づいた蔦が絡まっているのも美しい光景ですね。

勿論、遠くには紅葉した山々が澄んだ青空に美しく映えています。本当に天高馬肥(천고마비:チョンゴマビ)の秋と言ったところでしょうか。

(ちなみに、天高馬肥(천고마비)とは「天高く馬肥ゆる」という意味です。韓国語にはこのような四字熟語が沢山あって、四字成語(사자성어:サジャソンオ)と呼ばれており、日常生活の中で使われるものも多いです。)

ソウルはあちこち近くに山があるせいか、土曜日や日曜日などの休日になると山に出かける人が本当に多いのですよ。ソウル市内の地下鉄や電鉄線、郊外方面行きのバスに乗ると登山服姿の人たちを沢山見かけます。

ところで、韓国の天気予報を聞いてみたら、明日ひとしきり雨が降った後は大陸の高気圧が張り出し冷たい風が吹いて気温が一段と下がるそうで、明後日のソウルの最低気温は6℃だそうです。

(ここでいう「冷たい」は 차다(チャダ)になります。「冷たい風」は 찬 바람(チャンパラム)となります。)

秋は一雨ごとに寒さが増すと言いますが、実際に季節の移り変わりは日本より韓国のほうがずっとはっきりしていて、季節の移ろいをはっきりと感じることができるようです。

 

(2012年10月16日(火) 23:37)

前の記事

次の記事

新着記事

2014年もいよいよ押し詰まり、大晦日を迎えました。 韓国では、年が暮れる頃になると、「さようなら20XX年」という意味で、マスコミやネットでよく"아듀,20XX년"のような表現が使われます。 そして、「多事多難だった20XX년(다사다난헀던 20XX년:タサタナネットン 20XX...

11月も上旬の終わりになり、日暮れが早くなりました。 さて、今年の11月5日は、「後の十三夜」の名月ということでちょっと話題になりましたね。 旧暦(음력:陰曆)の閏(うるう)9月の13日の月だったということで、この現象が現れたのは1843年以来171年ぶりのことだったと話題になりま...

今日、9月8日は仲秋の名月(十五夜)ですね。 ということは、旧暦(陰暦)(음력:ウムニョク)の8月15日、秋夕(추석:チュソク)です。 秋夕(추석:チュソク)は、普通は9月の後半から10月前半になることが多いのですが、今年は陰暦(음력:ウムニョク)と陽暦(양력:ヤンニョク)の関係上...

9月に入りました。 今年は日が暮れるともう秋の気配が感じられますね。 さて、Cytaでは受講生3万人突破を記念して「入会金無料キャンペーン」を開始しておりますので、取り急ぎご案内いたします。 以下にキャンペーンの内容を転載いたします。 新たにCytaで韓国語を学びたいと...

皆さんは、どんなテキストで韓国語を学んでおられますか? 街の書店ではいろいろな韓国語の教材が並んでいます。私が学び始めた頃とは大違いですね。それにほとんどにCDがついていて実際の発音を聞くことが出来るようになっています。 そして、初心者用のテキストの多くは、ハングルの上や下に日本語...

ブログ記事 ページ先頭へ