全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 あなただけの韓国語教室・はなカフェ スクールブログ 伏日(ポンナル...

伏日(ポンナル복날)

韓国通のみなさんなら御存知と思いますが、韓国には「伏日(ポンナル복날)」といって、暑気払いで滋養食を食べる日があります。
日本で「土用の丑の日」にウナギを食べるのと同じですね。

伏日は毎年7月から8月にかけて全部で三日あり、それぞれ初伏(チョボッ초복)、中伏(チュンボッ중복)、末伏(マルボッ말복)と呼ばれ、三回の伏日を合わせて三伏(サムボッ삼복)といいます。

詳しく調べてみると、夏至の日から3番目の庚(かのえ)の日を初伏、4番目の庚の日を中伏、そして立秋を過ぎて最初の庚の日が末伏となるそうです。
旧暦のため日付は毎年変わりますが、大体7月中旬から8月中旬。
確かに、一年中で一番暑さが厳しい時期ですよね。

2012年は、初伏は7月18日、中伏が7月28日、末伏が8月7日でした。
つまり、私はこの夏、中伏と末伏の日には、ソウルにいたということです。

暑気払いに食べるものは、参鶏湯(サムゲタン삼계탕)がよく知られていますが、私は今回チュオッタン추어탕に初挑戦してみました。

チュオ추어とはドジョウのことですが、私は生まれて此の方約半世紀の間に、片手で数えるほどしかドジョウを食べたことがありません。
今回滞在したホテルの近くにチュオッタン専門店があるとインターネットで知り、とても楽しみにしていました。

ドジョウが丸ごと現われる「駒形どぜう」とは違って、すり身にして大根の葉やネギなどと煮込んであり、スープの色は当然のように真っ赤です。
すり身なので、ドジョウの姿は影も形もないことを、私は記事を読んで知っていましたが、一緒に行った友人はスープをかき回してドジョウを探していました。^^;

骨を気にする必要もなく、臭みもなく、スープはまろやかで、想像以上に食べやすくて、本当に本当にとってもおいしかったです。

また食べたい!!!^^

実は、このお店にはドジョウのすり身を使った水餃子や焼き餃子もあって、そちらもすごく食べたかったのですが、全部食べきれそうになかったので断念しました。

5~6人いたら、ドジョウづくし宴会をしたかった・・・。(泣)

次回は必ず!!!

(また韓国に行く理由ができました~。)^^


伏日(ポンナル복날)

(2012年9月4日(火) 0:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

韓国語作文大会で金賞受賞の先生が教える美しいコトバ

ブログ記事 ページ先頭へ