全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 東一韓国語講座 スクールブログ 第一歩:韓国語...

第一歩:韓国語とは?

 2012年度、ネット上で行われていたある調査が知り、大きな興味を持ちました。www.voxy.com/ という、言語教育サイトで行った全世界対象の調査の結果、最も人気のあった第二言語はとしては、最近世界的に広い領域で重要度の増してきたスペイン語があがりました。その片方で、最も難しいと思われる言語として第一位だったのが、韓国語でした!
 理由としてあがったのは言語習得時間が多言語に比べて長いこと、母音の発音が言語の中で最も多いことなどがあげられました。ネット上での調査であったため標準分布を考慮した統計ではないといっても、この結果は十分ありえる話で、このような考えをしている人は日本の方も多いと思われます。
 ですが、これは裏を返せば、韓国語を習得すれば世界中の言語に対して自信を持つことができる事を意味しています。言語は結局のところ「しゃべる-conversation」「書く-writing」「読む-reading」の続きで、三つのバランスが取れて初めて上達していけるものです。韓国語はどんな言語に対しても「読む」ことに強みを持っています。
 わかりやすく言いますと、日本語は母音が「あ、い、う、え、お」の五つですね。韓国語になるとこれが発音の種類16に増えて、表記になると4つが追加された20種類の母音があります。これに子音19が加わって、少なくとも20X19=380以上の発音ができる様になります。(実際は子音二つと母音一つという組み合わせもあります。)日本には同じ発音の違う意味である「ダジャレ」が多く存在しますが、韓国語でこのようなものが極めて少ない理由はまさにこれが原因だといえます。この豊富な語学的表現ゆえに、世界中の人から韓国語が難しいといわれ、反面、学ぶことができたらほとんどの言語を発音するのに容易になるという二面性を抱えているのです。
 韓国語を学ぼうとしている皆さん。韓国語に触れることは日本語と違う語学的感覚を身に付けさせてくれます。また、日本語と韓国語以外の言語に対しても韓国語の高い応用力を活かすこともできるのです。普段、韓国の文化に興味を持ち韓国語に触れている方々は、知らず知らずのうち世界的語学感覚を身に付けていっているのです。

第一歩:韓国語とは?

(2012年6月12日(火) 5:23)
この記事を書いたコーチ

東工大出身・サッカー好きの先生。韓国文化に触れながら計画的にレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ