全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 韓国語 いちから スクールブログ 雨の季節

雨の季節

6月に入りました。関東地方はまだ梅雨入りしていませんが、そろそろ雨の季節ですね。

梅雨の天候として、私も学校時代に「オホーツク海高気圧」の影響を習いましたが、最近は梅雨のころの気象情報で「オホーツク海高気圧」という言葉を聞かなくなったような気がします。

それに「オホーツク海高気圧」から冷たい湿った風が吹き込んで「梅雨寒」という現象もあまり起こらない感じがします。最近の梅雨は雨が降ってもムシムシとむし暑いだけですよね。

ご存知のことと思いますが、韓国にも「梅雨」があります。韓国語では「チャンマ(장마)」と言います。

日本よりは遅い6月下旬から始まり7月下旬ごろ終わるようですが、前線が南北に移動するためか梅雨の間でも結構晴れる日もあるようです。

雨の降り方は、東日本よりも西日本の梅雨の雨の降り方に似ているような感じがします。降るときはザァーッと結構激しく降るように感じます。

韓国の年間降水量は日本より少ない方ですが、雨は7~9月の間に集中して沢山降るようです。

年によっては梅雨が明けきらずに8月も集中豪雨が降ったりするとことがよくありますね。

最近では、韓国も温暖化の影響で亜熱帯の気候になったのではないかなどとよく言われたりしています。

その代り、梅雨に入る前(5月後半~6月前半)は天気も良くて気温も30℃くらいまで上がることも多いようです。

今年の5月は、日本と同様に雷雨「뇌우(ネェウ)」やひょう「우박(ウバク)」の被害があったところもあるのですが、その一方で雨量がとても少なくて水不足で田植えするのに困っているところもあるようです。

消防車が水を運んできて貯水池に水を供給したところもあったとか。

そういえば、韓国では地方に行くと農業用の貯水池をあちこちで見かけますね。やはり雨が夏に集中して降って、他の季節は雨量が少ないからかもしれません。

ところで、雨の時期は旅行には向いていないかもしれませんが、雨の日の韓国の風景もある意味では情趣があるかもしれません。

 

(2012年6月6日(水) 21:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本業と両立し、韓国語の通訳案内士を取得。ゼロ~翻訳レベルまで

韓国語 いちから
上田隆夫 (韓国語)

渋谷・原宿・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・駒込・西国分寺・新秋津...

ブログ記事 ページ先頭へ