全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 韓国語 いちから スクールブログ 韓国あれこれ(...

韓国あれこれ(이모저모)3 つり革、握り棒

韓国に旅行に行かれて、ソウルやプサンなどの大都市で地下鉄に乗られたことのある方は沢山いらっしゃると思います。

路線別に何号線という呼び方になっていて、路線図では色分けされていますし、駅には3桁の番号がふられているので、わかりやすく利用しやすいですよね。

地下鉄は韓国語では、「지하철(チハチョル)」(漢字の地下鉄の韓国語読み)と言いますが、韓国では「전철(チョンチョル)」(漢字の電鉄の韓国語読み)と言う人が多いような気がします。

特にソウルでは、純粋の地下鉄のほかにKORAL(昔の韓国国鉄)の電鉄路線にも地下鉄から直通しているし、KORALだけのの電鉄区間もあるので、ひっくるめて「전철(チョンチョル)」というのではないかと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、日本でも韓国でも電車やバスなどの乗り物には必ずつり革と握り棒がありますよね。

ところで、このつり革と握り棒を韓国語ではなんというのでしょうか。

実は、つり革は「손잡이(ソンチャビ)」、そして握り棒も「손잡이(ソンチャビ)」というのです。

私も初めてこのことを聞いたときは、「えっ」と思ったのですが、実際に知り合いの韓国人に聞いてみたところ、つり革も握り棒も「손잡이(ソンチャビ)」と言って、特に区別はしないというのです。

形もまったく違うものなのに、なぜ同じ名称ですましてしまうのか、ちょっと腑に落ちませんね。

韓国語の世界では名称などには日本語のように細かいことに構わないところがあるからかもしれません。

魚屋さんでも、鯛に似た魚はみんな鯛「도미(トミ)」になりますからね。

つまり、手で掴むもの、握るものはみな「손잡이(ソンチャビ)」、ハンドルもドアや冷蔵庫や洋服ダンスの取っ手も・・・・・。

そうするとバスで前の座席の背の後ろ(つまり座った座席の前)に掴むためについている握り手も「손잡이(ソンチャビ)」というわけですね。

ところで、90年代の中ごろ韓国の一般タクシーの後部座席に乗ると、すぐ手の届くところに直径2,3㎝で縦の長さ15㎝くらいのプラスチック製の円筒形の棒状のものがつけられていたのですが、表面に小さな凹凸があって手で握ると掌のツボを刺激するのか握った感じががとても良かったのを思い出します。

これも多分「손잡이(ソンチャビ)」ですね。

 

(2012年5月25日(金) 22:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本業と両立し、韓国語の通訳案内士を取得。ゼロ~翻訳レベルまで

韓国語 いちから
上田隆夫 (韓国語)

渋谷・原宿・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・駒込・西国分寺・新秋津...

ブログ記事 ページ先頭へ