全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 韓国語 いちから スクールブログ 韓国あれこれ(...

韓国あれこれ(이모저모)2

暫くぶりの更新になります。

実は、韓国(朝鮮半島)には野生の猿がいないのです。

日本では冬の寒い下北半島にも生息するのに不思議ですよね。

90年代の半ばのころ、知人と韓国の光州(광주)に行ったときに地元では有名な無等山(무등산)に登って(自分の足で登ったのではなくて車で連れていってもらったのです)、山荘の食堂でジョン(전:チジミ)とマッコリ(막걸리)などを賞味したのですが、周りの山の景色を見ていて、ふと韓国には野生の猿がいるのかという疑問がわき起こり同行してくれた韓国の方に聞いてみたのです。

すると、即座に「野生の猿はいない。」との返答でした。

日本に近い国なのに、野生の猿がいないとはと驚いたのですが、そういえば韓国に野生の猿がいるという話は聞いたことがないなあと思ったものでした。

当時帰国してから調べてみたのですが、やはり韓国(朝鮮半島)には野生の猿はいないのだそうです。

ところで、日本には「猿も木から落ちる」いう諺がありますが、実は韓国語にも「猿も木から落ちる(원숭이도 나무에서 떨어진다. )」という諺があるのです。

野生の猿がいないのに何故日本と同じような諺があるのでしょうか。不思議ですね。

 

(2012年5月14日(月) 0:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本業と両立し、韓国語の通訳案内士を取得。ゼロ~翻訳レベルまで

韓国語 いちから
上田隆夫 (韓国語)

渋谷・原宿・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・駒込・西国分寺・新秋津...

ブログ記事 ページ先頭へ