全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 韓国語 いちから スクールブログ 韓国あれこれ(...

韓国あれこれ(이모저모)1

1990年代の終わりのころになりますが、韓国の知り合いの故郷の家に泊めていただいたことがあります。

ソウルからに高速道路で2時間半ほど南に行った忠清南道の西海岸に近い所で、お母さんが一人で住んでおられました。

日本のお盆過ぎのころでしたが、家の前庭には赤い唐辛子が干してあったのを覚えています。

お宅は韓国式の木造の一軒建ての家なのですが、日本の木造家屋本当に比べると家の高さが大分低いのです。

私の身長は170㎝に足りないのですが、部屋に入るときに入口の梁に頭がとどいてしまうのではないか思ったくらいでした。

伝統的な韓国式家屋としては瓦屋根の立派な両班の家屋を思い出される方も多いと思いますが、普通の韓国式の家屋は屋根が瓦葺でもトタン葺でもとても高さが低いのです。

最近は地方でもコンクリートの家屋が増えてはいますが、バスで地方を旅すると軒の低い家々が並んだ集落を縫いながらバスが走ります。

勿論新しい家屋はしっかり高さも高く作られていますが、なぜ昔の家は高さが低いのでしょうか?

私が思うに、やはり冬の寒さが厳しいので低い屋根にすると熱が高いところに逃げるのを防いで暖かいからではないかと思いますが、如何でしょうか?

それにしても、現代の韓国では背の高い人が多く、平均身長では日本人より大きいと思います。

背の高くなった韓国人が、軒の低い家に出入りするのは大変だなあと思うのは私だけでしょうか?

 

(2012年4月26日(木) 23:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本業と両立し、韓国語の通訳案内士を取得。ゼロ~翻訳レベルまで

韓国語 いちから
上田隆夫 (韓国語)

渋谷・原宿・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・駒込・西国分寺・新秋津...

ブログ記事 ページ先頭へ