全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室大阪 ハナから始める韓国語 スクールブログ 韓国にて・・・...

韓国にて・・・。

韓国語と日本語の似ている点は数々あり、すでにご承知の方々も多いと思います。

まず、語順がほぼ同じという点では、私たち日本人は韓国語を学ぶ上で、本当に有利ですね。

韓国に語学留学していたとき、同じクラスには日本人・在日韓国人・アメリカ人・ロシア人・ベトナム人がいました。なんて国際色豊かなクラス!!

このメンバーで、約3ヶ月学んでいたのですが、おもしろいエピソードが色々あって、また追々書いていこうかと思いますが、授業が進むにつれて得意不得意がはっきりしてきます。

やはり我々日本組は聞き取り書き「パダスギ」がどうにも苦手という事実に改めて気づかされるのでした。

そこで、アメリカ人の学生(確かハーバード大の学生で好青年でした)に、「ねえ、先生が言ってる違い(母音)、きっちり違う音に聞こえる?」と尋ねると、
「タンヨナジョ~」
そう、当たり前じゃない~という答えが返ってくるのでした・・・。

ああ、耳が違うんだなあと、日本組一同がっくり。

これは、ロシア人もベトナム人もはっきり違いが分かるそうです。まあ、こんな事もあったりして、何事も一筋縄ではいかないからこそ、楽しいものではないでしょうか?

あと、こんな事も・・・。

学校帰りに道を歩いていると、路地で子犬をい洗っているおばさんが。
近寄っていって、
「アジュマ、イップン アギネヨ」
と声をかけますと
このおばさん、すごい怪訝な顔をして、

「イゲ、ケエヨ、ケ!カアジエヨ!!」

おばさんは、「これは犬よ犬!子犬だよ!!」と言っているのです。

このとき私はまだ、「子犬」という意味の言葉を知らなかったこともあったのですが、日本では別にそうおかしい使い方でもないと思っていたのです。

でも、韓国では「子犬」に対して「赤ちゃん」とは決して言わないことをこのとき知ることが出来たのです。

失敗は成功の元です。




 

(2011年4月28日(木) 11:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

韓国系の旅行会社に勤務経験!学習のコツと現地の情報をナビゲート

ブログ記事 ページ先頭へ