全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室千葉 韓国語ラウンジ・オレオ スクールブログ 「きっかけ」は...

「きっかけ」は単純でいい。誰でも使えるようになる!

これから韓国語を習ってみたい、という皆さんには
きっと色々な理由やきっかけがありますよね?

今日は、コーチである私の「きっかけ」を
紹介したいと思います。

スタートラインがどんな形であれ、誰でも韓国語が
使えるようになれるんだ!というモチベーションを
もっていただければ…と思います!

私が韓国語を勉強しよう、と思ったのは
大学1年生が間もなく終わる頃の、3月。

友人2人と、当時専攻言語であった中国語を使うぞ!と
意気込んで、中国は北京・天津へ
1週間の旅行に行ったのです。

旅行中、「日本語禁止タイム」を作り、
3人で競争しつつも楽しみながら
旅行を続けていたときの事、とある観光地で
3人の韓国人留学生と出会いました。

その時、友人のうちの1人が
いきなり韓国語で話し始めたのです!
もちろん当時何ひとつ分からない私は、
あ然としていました。

「実は韓国語も勉強してるんだ」
その一言で普通に会話をこなしてしまう
友人を見て、こう思いました。

(なんか悔しい…負けてたまるか!)

そうして大学2年生の春、選択授業で開講されている
韓国語の受講を決意するのでした。
(もう一人の友人も同じく韓国語をとりました!)

授業は、1週間に90分の授業が2コマ。
専攻語の中国語と平行しての勉強でしたから
なかなか大変でしたが、学内でたくさんの留学生と出会い
友達になり、習った韓国語でたくさん会話をしました。

今思えば、あの時とにかく「韓国語を使っていた」のが
上達のコツだったのかな、と思います。

ちょっとした対抗心から始まった、韓国語。
きっかけは単純なものです。

それが今では、上級者と名乗れる程の実力を身につけ、
更なる道を切り開こうとしている所なのです!

どうでしょうか。
皆さんも、始めたいと思う「きっかけ」は
とても単純なものから、強く決心している理由も
あるかもしれません。

スタートラインであるきっかけがどんなものでも、
韓国語が上達し、話せる。聞ける。
そんな自分を想像なさってみて下さい。

…イメージはできましたか?
私にもぜひ皆さんの「きっかけ」を聞かせてくださいね!


★ちなみに、韓国語と中国語を平行して覚える苦労…
その中には、逆にこの2言語だからこそ可能な
共通点を見出すことができるのです。

それについては、レッスンでお会いできたら
お話したいと思います^^

 

(2011年4月19日(火) 17:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

高麗大学出身の映像翻訳家。ジャズや映画、絶えない会話ですぐ上達

韓国語ラウンジ・オレオ
小林謙太 (韓国語)

西船橋・錦糸町・亀戸・小岩・市川・本八幡・津田沼・海浜幕張

ブログ記事 ページ先頭へ