全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 スマイル韓国語講座 スクールブログ 切磋琢磨とは

切磋琢磨とは

切磋琢磨の出典は、中国最古の詩集『詩経』の
「衛風(えいふう)・淇奥(きいく)」による.

そもそも切磋琢磨とは、それぞれ材料を加工する
作業の事を表している言葉として,
「切」は骨を加工する時の作業、
「磋」とは象牙を加工する時の作業,
「琢」とは玉を加工する時の作業,
「磨」とは石を加工する時の作業を指す.

これらを加工する作業というのは
大変手間のかかるものであり,
丁寧に取り組まなければならない.

このことから,勉強したり道徳に励んで
人間を成長させることや、
友達同士競い合い励まし合って
自分の心身を磨くことを
「切磋琢磨」という様になった.

辞書によれば「切磋琢磨」とは、
「仲間同士互いに励まし合って
学問を向上すること」と書かれている.

英和辞書によれば、「切磋琢磨」とは、
「Work hard together;be in friendly rivalry」
と翻訳されている.

上記のことを踏まえ、私は、切磋琢磨を
「同じ志を抱いた仲間同士が定めた目標を
最後まで成し遂げるため、
友好的なライバル意識を持ち
お互い学び合い、励まし合い、支え合い、
理解し合いながら成長・発展していくことである」
と定義しておきたいです^^

生徒の皆さん、切磋琢磨して
韓国語を楽しく学びましょう^^

 

(2011年2月26日(土) 2:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中央大商学部で教鞭!通訳や執筆活動もする専門用語もOKな先生

スマイル韓国語講座
徐誠敏 (韓国語)

渋谷・新宿・明大前・調布・府中

ブログ記事 ページ先頭へ