サイタ語学の習い事韓国語教室神奈川 韓国語スクール・ヘバラギ スクールブログ 母音と子音を表...

母音と子音を表す文字の種類

韓国語には、まず、
10の基本母音と14の基本子音があります。

その他に11複合母音と、濃音と呼ばれる5つの特殊な子音があり、
合計で、母音の表記には21時、子音の評議には19字が用いられます。

(別表)

母音字と子音字の組み合わせ方には
母音と子音の形によって3種類のパターンがあります。

(別表)

これらを念頭においてハングルを見れば、
少しずつ1文字の中の母音部分と子音部分の
区別が付くようになるでしょう。

「どの字がどの組み合わせパターンになるのか」にも法則があり、
それは、母音と子音の組み合わせを一覧にした
「反切表」と呼ばれるハングル文字表で分かります。


※別表の部分は
http://blog.naver.com/mabin99で
確認できます!

 

(2010年9月24日(金) 1:01)

前の記事

ブログ記事 ページ先頭へ