全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 韓国語講座 ラルジュ スクールブログ ハングルってど...

ハングルってどんな文字??

この記事を読んでくださっているかたは、
おそらく韓国語に興味があるかただと思います。

そこで今回は、これから韓国語を始めるかた向けに、
ハングルの構造について少しだけお話します。


ハングル、どこかでチラッとでも目にしたことはありますか?

目にしたことのあるかた、
「丸とか四角とか棒とか、こんな記号みたいなものが文字なんだ!!」って驚きませんでしたか?

実はわたしが韓国語を学び始めたのは、
「こんな記号みたいな文字を読めるようになってみたい!!」
と思ったのがきっかけでした。


そんなハングルの構造は、ローマ字表記に似ています。

例えばローマ字の場合、‘k’と‘a’が組み合わさると
‘ka(カ)’と読みますよね。

‘s’と‘a’で‘sa(サ)’
‘t’と‘a’で‘ta(タ)’

ハングルもこれと同じ構造です。
‘k’を表す文字と‘a’を表す文字が組み合わされば‘ka’と読みます。

いってみればハングルは「パーツで文字を覚えていく」ということですね。


もうひとつ例を出します。

日本語の場合、「かきくけこさしすせそ」と10個の文字を覚えたら、
この10個しか読んだり書いたりできませんよね。

でもハングルの場合、‘aiueo’と‘kstnh’の10個を覚えると。。。

5×5=25

10個のパーツを覚えたら25個の文字を読んだり書いたりできるようになるんです!

(実際にはもっとたくさん読めるようになりますよ)


なんだか難しそう。。。と感じるハングルですが、
構造を知れば、なんだか読めるようになる気がしませんか?

 

(2010年9月12日(日) 15:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あのドラマに字幕をつけているのは、このコーチ。ドラマからハマる韓国語

韓国語講座 ラルジュ
北本由枝 (韓国語)

立川・吉祥寺・国分寺・荻窪・武蔵境・武蔵小金井

ブログ記事 ページ先頭へ