全国5万人が受講している「サイタ」

韓国語教室・ハングル語講座

韓国語教室・ハングル語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事韓国語教室東京 あなただけの韓国語教室・はなカフェ スクールブログ パズルはお好き...

パズルはお好き?

私はパズルが大好きです。
特に数独!

数独は、日本で考え出されたものですが、
いまや世界中で人気がありますよね。
韓国でも、数独の本を小脇に抱えて颯爽と歩く女性や、
世の中そっちのけで新聞の数独欄に取り組んでいるオジサンを見かけたことがあります。

私が韓国で使っていた携帯電話にも数独ができる機能があって、
現在は携帯電話としては使えませんが、
いまだに数独機能だけは活用しています。
眼に悪いとわかっていながら、ひとつ解いてはまたひとつ・・・と、やめられないのです。
これって、数独中毒でしょうか?(苦笑)

で、数独と韓国語に何か関係が・・・?

はい! 関係あるんです!
日本語を理解している人にとって、
韓国語を学ぶことは、パズルを解くようなものだからです。

その理由のひとつは、日本語と韓国語の文法がよく似ていることです。
「私は日本人です」と言いたい時、
「私」「は」「日本人」「です」と、
それぞれの単語を韓国語の発音に置き換えて、日本語と同じ語順のまま言えば、
それでもう韓国語になるのです。

そして、ふたつめの理由は、韓国語でも日本語と同様、漢字語を多く使うことです。
では、韓国語では漢字をどうやって読むのでしょうか?
日本語の場合は、ひとつの漢字に対して音読み、訓読みと複数の音がありますが、
韓国語では、ひとつの音しかありません。
例えば「音楽」や「母音」という単語の「音」の部分は、日本語ではそれぞれ違う発音になりますが、
韓国語では同じ発音です。
ですから、漢字一文字についてひとつの発音だけ覚えれば、あとは組み合わせて漢字語を作るだけ。
漢字語の意味は日本語とほぼ同じですから、
漢字をたくさん知っている日本人にとっては、たいへん大きなアドバンテージです。

さぁ、パズルを解くような感覚で、韓国語を学んでみませんか?
チャレンジする楽しみ。
そして、解けた時の達成感と満足感。
あなたもきっとヤミツキになりますよ!

 

(2010年7月5日(月) 2:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

韓国語作文大会で金賞受賞の先生が教える美しいコトバ

ブログ記事 ページ先頭へ