サイタ音楽教室キーボード教室東京 わたるのポップス・キーボードサロン スクールブログ 音色その2

音色その2

こんにちわ!

前回、音色(おんしょく)について書かせていただきましたが、今回は第2弾ということで^ ^

ピアノほど頻繁に使いませんが、おっ!と目をひく音色をいくつか紹介したいと思います。

まずは、オルガン。
いろいろな楽曲の中でも使われていますが、オルガンの中でもさらに教会にあるパイプオルガンからロックぽいオルガン、ジャズぽいものまで種類はたくさんあります。大体のキーボードでは、複数の種類の音色が入っていますので、使いたい音色を自分で選びます。譜面ではorgan、orgなんて表記されたりします。

つぎにブラス。
サックスとかトランペットとかトロンボーンとかのことなんですが、楽曲の中では、トランペット+トロンボーンみたいに複数パートで演奏することがおおいです。ブラスセクションとか言ったりするんですが、それを略してブラスって言います。サックスソロとかのときもブラスって言うこともありますが。
なので、譜面の表記もBrassがおおいですが、ほかにsax、tp(トランペット)、tbトロンボーン)って表記されたりもします。

最後にクラビネット。
バンドでキーボードをやったら一度は使ってみたいカッコイイ音色です^ ^どんな音かピンと来ない方は、ハープシコードの音を思い浮かべると近いかなと思います。楽曲だとスティービーワンダーの迷信という曲で主役をつとめている楽器なので、わかりやすいです。楽器の歴史も古いのですが、長くなってしまうので割愛します。
譜面でclavと表記されていたらクラビネットのことですので、ぜひクラビネットの音色でトライしてみてください。

前回より聞き慣れない名前がおおかったのではないかと思いますが、いかがでしたでしょうか^ ^

キーボードにはたくさんの音色があります。
おんなじフレーズを弾いても、音色が変わるとガラッと雰囲気が変わります。
みなさんもお気に入りの音色を見つけてみてください!

 

(2017年8月19日(土) 9:55)

前の記事

次の記事

目的・種類別にキーボードレッスン・教室を探す

新着記事

こんにちわ^ ^ ぼくのキーボードレッスンの教室では、主にシンセサイザーの扱い方を覚えたいという生徒さんがレッスンに来られてます みなさん、最新の機種を購入されてお待ちになられるので、ぼくの購買意欲もすごく刺激されます(笑) そんなシンセの機能として、以前レイヤー、スプリッ...

でしたね^ ^ みなさん楽しい時間は過ごせたでしょうか? ぼくは、だいすきな豚骨醤油らーめんとラムレーズンのアイスを食べて、クリスマスソングを弾いて、大いにクリスマスを、満喫しました 歌番組でもクリスマスソング特集なんてやっていましたが、みなさんお好きなクリスマスソング、...

こんにちわ^ ^ さいきんレッスンでよく聞かれるシンセサイザーの機能についてお話したいと思います♫ シンセサイザー、略してシンセ。 シンセもその中でいろいろな種類がありますが、1番幅広く使われているのがオールインワンってタイプのシンセです。 どんなシンセかというと、それ...

こんにちわ! はい、タイトルのとおり、前回のつづきの コードのお話をしたいと思います^ ^ 前回、コードは覚えた方がいいのか、必要ないのか、 みたいなことをウダウダ書きましたが、 とりあえずC=ド、D=レ、こんなカンジで、 C D E F G A Bとドレミファソラシドを、...

こんにちわ! 今回はコードのお話をしようと思います^ ^ コードってCとかAとか楽譜の上の方に書いてある アルファベットのことですね。 なんか理論がどうのとか難しそうですよね。 けっこー敬遠してる方もおおかったりで… 実際、コードがわからなくても音符が読めれば 楽譜ど...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、キーボードレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ