サイタ音楽教室キーボード教室東京 藤原マヒト鍵盤塾 スクールブログ 弾き語り

弾き語り

思えば、ソロ弾き語りというのをやり出したのは1年ほど前のことでした。

はたして自分に弾き語りができるのか?

どんな風にやればいいのかと悩んだりしたんでしょうが、あんまり覚えてないのです。
何曲か発表する場のない曲があったので、
それらを聴いてもらうにはいい機会だなと思ったのです。

初回、ものすごく緊張しました。
自分で演奏して唄うということが(お客さんの前で)こんなにもたいへんなのかと。
しかし、なんとかかんとか形になったときの嬉しさもひとしおです!

それが、病み付きになりまして、もうこれは続けていこうと思い、今に至るわけです。
もちろん、毎回違いますし、今日はどうしようもなくひどかったなとか、いろいろあるんです。

普段からやってらっしゃる方からすれば、なにを今更あたりまえじゃ!っと、
叱られそうですが、
ぼくにとっては 初めてのトライアルで、
たまにお褒めの言葉なんかいただくとそれこそ天にも昇るココチです。

まったくもって、おこがましいことを言わせてもらうと、ランディー・ニューマンの弾き語りを聴いて大変勇気づけられたのです。
歌唱力に頼らない表現というと,生意気ですが...。
もちろん曲が素晴らしいんだけど。

そもそも、専業の歌手ではない作曲家の唄う歌が大好きで、たとえばバート・バカラックしかり、セルジュ・ゲンズブールもそう。拡大解釈すると細野晴臣さんなんかも。

少しでもそういう方々に近づきたいなあ
という思いだけはたくさんあるのです。

そもそも、弾き語りシンガーとの共演はかなり経験があるのですが、自分がやるとまったく違う地平が見えるものですねえ。

だれだったか、弾き語りはオーケストラだと言った人がいて感服いたしました。

それほど幅広い表現がたった一人で可能になるのです。
前回書いたことと繋がるのですが、余白の多い表現ならではの深みというものが生まれる。
すべてを説明してしまうのではなく、想像力を働かせる部分を残しておくことの魅力。

ほんのちょっとした、1音の大切さも身にしみます。
ですから、
弾き語りをやってみたい方、やっていらっしゃる方、
ぼくにはあなたのお気持ちがよくわかりますよ!(笑)



 

(2009年12月4日(金) 0:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

映画音楽も担当。初めての人でも、先生と連弾を楽しめるレッスンです

目的・種類別にキーボードレッスン・教室を探す

新着記事

お正月らしいかどうかはともかく ヴァン・モリソンのムーンダンスを聴きながら新年のご挨拶を認めております。 旧年中は各方面の方々に大変お世話になりました。 ありがとうございます! 来る年、来る年、膨大な妄想と理想を抱きつつままならぬ日々をあがいておりますが、 魅力的な人や音楽と...

思えば、ソロ弾き語りというのをやり出したのは1年ほど前のことでした。 はたして自分に弾き語りができるのか? どんな風にやればいいのかと悩んだりしたんでしょうが、あんまり覚えてないのです。 何曲か発表する場のない曲があったので、 それらを聴いてもらうにはいい機会だなと思ったのです...

先日、日本のポップスのおじいさんとでもいいましょうか、 中村八大氏、浜口庫之介氏両巨頭の作品を様々なボーカリストが唄うという コンサートで演奏しました。 皆さま素晴らしかったのですが、特筆すべきは由紀さおりさんでした。 存在自体が象徴的な由紀さおりさん。 優雅で凛として、し...

<b>All you need is music</b>   音楽を奏でることは大きな喜びです。 僕が最初に触れた楽器はピアノだったのですが、曲が弾けなくても、 ただ、音を出すことが楽しくて飽かずいじっていた記憶があります。 ダンパー・ペダルを押すと幻想的なヒビキになるのが特に気...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、キーボードレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ