サイタ音楽教室キーボード教室東京 GODロッキン鍵盤スクール スクールブログ 鍵盤は敷居の高...

鍵盤は敷居の高い楽器じゃない!

みなさんはじめまして!神野優作といいます。

通称GODです。

GODロッキン鍵盤スクールへようこそ!!


このスクールに出会ったアナタは幸運です。

僕のスクールでは普通のピアノ教室やピアノ講師では教えないようなことを伝授するからです。

まずは鍵盤楽器のイメージがいかに曲げられて捉えられているかということをブッ壊していきましょう。


みなさんはピアノや鍵盤楽器と聞いてどんなイメージを連想しますか?


クラシック?

金持ち?上流階級?ボンボン(お坊ちゃん)?お嬢様?

お稽古ごと?英才教育?スパルタママ?


ざっとこんなとこではないでしょうか?


とかくピアノや鍵盤楽器というものは敷居が高く、難解でとっつきにくいイメージを持たれているようです。


あとはギターやベースやドラムに比べてナヨナヨした感じ?


僕は小学生の頃エレクトーンを習っていたのですが、運動部のヤツらに

「男のくせにエレクトーン!?キモー!!」

と言われたことがあります。


なんだその根拠のない理屈は!!



・・・脱線してしまいましたが、とにかく今まで挙げたようなイメージはぜ~んぶ幻想です。妄想です。

上に挙げたもののうち一つでも同じイメージを持っていた人は今すぐ窓からそのイメージを投げ捨ててください。


鍵盤楽器は、もっと身近で、親しみやすい楽器だと僕は思います。


誰でも弾けるんです。


だって考えてみてください。


バイオリンやサックスといった楽器は、マトモな音が出るまで何年もの修行を要します。

トランペットに至っては、生まれつきの唇の形で向き不向きが決定されるといいます。

ギターだって、バレーコードといって人差し指で6本の弦全てを押さえなくてはならなかったりします。

これでギターを断念した人だっているでしょう(僕もそのクチです)。

キレイに音を鳴らすためには、血豆ができて、それが破れてかさぶたになるまでの練習が必要です。



でもピアノはそんなことはありません。


誰でも、その決まった位置の鍵盤を押し(打鍵)さえすれば、ある程度同じようなキレイな音を出すことができます。
(「ある程度」としたのはみなさんがもっと上手くなってから解説しましょう)


血豆ができることもありません。

女性のみなさん、良かったですね☆

貴女のそのキレイな指は維持できます。


ギターやベースのように、例えば「ド」という音を鳴らすために何通りも押さえ方があるというようなややこしいこともありません。

ピアノでは「ド」は「ド」だけです。


ほら、だんだん「ピアノは難しい」っていう感じがしなくなってきたでしょう?



大丈夫、あなたにもできます。

 

(2007年11月15日(木) 3:05)

次の記事

この記事を書いたコーチ

劇団の音響も経験!自分だけじゃない、周りも引き立たせるプレイを

目的・種類別にキーボードレッスン・教室を探す

新着記事

こんにちは。鍵盤でロックするキーボーディスト神野優作です。 今回は休符についてお話します。 みなさんは「休符」というものをどのように捉えていますか? 「休みの箇所」? そうだとしたら、少しそれは浅はかです。 休符とは「鳴っていない音符」なのです。 一...

ご無沙汰しております。キーボード講師の神野優作です。 最後に記事を投稿してから放置したまま、随分と月日が経過してしましました(約3年も!)。 その間に色々と自分自身の環境や音楽シーン自体も変わってしまったので、以前の記事の続きという形ではなく、ここからまた新しくブログを始めるという...

みなさんこんにちは。神野優作です。 今回は耳コピについてお話しましょう。 耳コピとは一体何か? これは、楽曲を、譜面を使わずに自分の耳のみで音を拾う作業のことです。 そんなの絶対音感がある一握りの才能のある人にしかできない芸当じゃないの?と思う人もいるでしょう。 ...

みなさんこんにちは。神野優作です。 さて、前回は自分が心から愛せるアーティストの心から愛せる1曲を決めて弾いてみようというお話でしたね。 ではどのように弾けばいいのか? 方法は2通りあります。 「市販のスコアを買って練習する」か「耳コピする」かです。 ...

キーボードファンのみなさん、今更ですがあけましておめでとうございます!神野優作です。 今年もこのブログで「鍵盤楽器は難解」という敷居をどんどん崩していって鍵盤楽器に興味を持って頂ければと思っています。 さて、前回は色んな音楽をコピーして引き出しを作りましょうというお話でしたが、...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、キーボードレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ