音楽教室ボーカルスクールカラオケ東京 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室レッスンノート(8ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

口の中にゴルフボールをイメージします!
発声では胸声を中心にやっていきました 舌の付け根か軟口蓋のあたりが少し硬いので、下を前に出したまま「あ」と明るめの声を出してみたり、舌をカールさせて前に出し、そのまま大きな声を出してみたりしま...
三角形の響板をイメージしましょう!
発声 リップロールは引き続き練習してみてください! 長く続けれるように息の出し方を工夫してみてください ハミングはため息をつくように、そして顎の下の筋肉は緩めてください。 曲は高...
高い音出した時の、体の反応を意識しましょう!
発声では、少しずつ音程のズレがなくなってきています! 音に対する反応が良くなってきています! 中音域あたりからは意識的に高いと思いすぎて、体がこわばって無駄な力が入ってしまいます ...
垂直に伸び上がる声とそれを支えている重りをイメージして声を出しましょう!
体験レッスンお疲れ様でした! 全く初めてのレッスンということで、簡単な発声練習から始めてみました 声のふらつきが気になるとのことですので、声を支えるイメージを持ちます 声は低いところで...
言葉でうまく出ない音はまず母音だけにしてみましょう!
裏声の発声では顎下の力を抜いて出しましょう 頭の方に音が抜ける感覚は前屈をしてみるのも良いです! 「やあやあやあやあ」と音階を回転するように上がる発声は、高くなるにつれ車輪が細く縦長にな...
声は垂直に伸び上がるようにイメージしましょう!
体験レッスンお疲れ様でした! 今回はカラオケを使ったレッスンでしたので、かるく発声していきました まずはストレッチで体を伸ばしていきます 特に首周りはリラックスした状態にします ...
小さい音でいいのでタイトに息を最小限にしてだしましょう!
リップロールの練習と、顎したの力を抜きながら、ため息をつくようにハミングの練習この二つは、テレビを見ながらとか片手間に、リラックスした状態で練習してみてください! 裏声を強くしていくた...
高い音を出す時は、音をタイトにイメージして下さい!
発声では地声を出している時と裏声を出している時の筋肉の違いを説明していきました! タイトに集めた裏声を高いピッチから少しづつ下ろしていき、地声の音までできるだけ裏声を保って出しましょう ...
裏声が少しづつ出てきています!
久しぶりのレッスンでしたので、少し声が出にくそうなところがありましたが、裏声は少しづつ出るようになってきています! 裏声の音を少しづつ下げていき、低いところでも安定した裏声が出るように頑張って...
ブレスの位置と下がる音を慎重に!
発声では中音域がキレイに出るようになってきています! 裏声になるとまだ声が不安定になりやすいです 裏声を強く出していく練習は、短い時間でいいので、なるべく毎日出来ると良いです! 曲は通...

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室のレッスンノート ・・・計241件

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 ページ先頭へ