音楽教室ボーカルスクールカラオケ兵庫 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室レッスンノート(6ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

低い音を胸に響かせるようにして出しましょう!
発声ではウォーミングアップにリップロール、裏声で声帯の前後の伸展する筋肉を鍛えていきました。 低い音は胸声を鍛えていきます どちらかというと裏声が強く、低いところも裏声のまま歌ってしまう...
細かい音程の動きは何度も聞いて覚えましょう!
発声は引き続き、声帯の使い方とサウンドビームの傾きをイメージしながら出していきました 前回に比べて、音程が外れることが少なくなっています! 引き続きイメージを確立していき、自分の声を楽器...
ピッチが上がるにつれ、遠くへ声を出してみましょう!
今回のレッスンでは、発声でいつも低い音が出てしまう原因を解消するため まずは普段の喋っている声(胸に響く声)から、まずは口の天井に向かって声を出すようにします 少し荒療治ですが、思い切っ...
声の形や音色をイメージを大事にしてみてください!
体験レッスンお疲れ様でした。 発声で行なった、声帯のピッチによって変わる形、そこから発する声をビームのようにイメージして、その高さと方向を正しくイメージできた時に焦点が合います! その時...
姿勢は普段から意識してみましょう!
姿勢を意識してみましょう! まっすぐに上からつられているような感覚です 背筋を伸ばし、お腹から背筋にかけての伸び、骨盤を少し前に出す感じで伸ばします 呼吸は上からストンと入って来る...
呼気の力で声を出さないようにしましょう!
今回の発声では、母音ごとのサウンドビームの傾きを意識して発声していきました! 「あ、え、い、お、う」と低音域では徐々に前に傾いていきます(「あ」は垂直です!) 中ー高音域になるにつれ、「...
垂直に伸び上がる声をイメージしましょう!
体験レッスンお疲れ様でした! 全く初めてレッスンを受けられるということで、声の出る仕組みや体の使い方など、基本となるところを説明させてもらいながら発声をしていきました まず、「はっは...
喉頭(声帯)を引き下げる筋肉を意識してみましょう
発声では引き続きスタッカートで声帯を十分に閉じる動きを練習していきました その中で、喉頭がピッチが上がるにつれ上に引き上げられていきます、そうすると声は詰まったような苦しそうな声になります ...
歌おうと構えすぎないで、声を出しましょう!
体験レッスンお疲れ様でした! はじめに歌ってもらった時は、歌おうとしすぎて体が固まったような状態になってしまっていて、声がうまく出ていませんでした 喋っている時の声は、キレイで通る声...
音を切るように(スタッカート)発声しましょう
今回はスタッカートで「はっはっはっ」と声を出していきました この時声帯は、開いたり閉じたりを繰り返します アタックは上からぶつからないようにイメージしてください この練習をすることで、声帯...

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室のレッスンノート ・・・計210件

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 ページ先頭へ