音楽教室ボーカルスクールカラオケ兵庫 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室レッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

声の支え方!
発声では声の支えを中心にレッスンしていきました! 声の支えは重いものを持つときのような、呼吸が止まる感覚、それを少しずつ開放しながらザラザラと音を鳴らしていきます その時口の中の空間は広...
裏声の練習は小さい声でいいので、まずはリラックス!
脱力をして声を出すために「Ba~Ba~Ba」と声を出します! 息は口を閉じる時に遮られますが、流れている感じで出しましょう、そして息だけで「pa~pa~pa」と出した時のように、首は、筒状に息...
ウォーミングアップにリップロールをしてみましょう!
今日はリップロールを使って低い音、高い音(裏声)、そらから低い音から高い音への移行をしていきました。 リップロールは声帯の周りにある筋肉群の無駄な力の介入を抑えれる有効な発声です。 まず...
声は垂直に伸び上がるのを意識してみましょう!
体験レッスンお疲れ様でした! はじめに軽く発声をしながら声を聞かせてもらいました。 現状の声は少し横にひらべったく、通りやすい声なのですが、声帯の周りの筋肉が固く、高音を出すために必要な...
裏声で使っている筋肉を意識して使いましょう!
ウォーミングアップのリップロールでは声帯の短く薄くなりながら張力が増すプロセスを意識しましょう! 裏声を使った発声では、地声の方の筋肉が加わってこないように注意して、あくびをしながら出すよ...
「あ」の母音で、音のイメージをつかみましょう!
まずはリップロールでウォーミングアップをしながら 声帯のプロセスを確認しましょう! まず声帯は水平に位置します。そしてピッチが上がるごとに後ろから前に短くなり、薄くなります、そして張力は増し...
声帯のプロセスを再確認しましょう!
リップロールで、声帯の水平をしっかり意識させましょう。 首のあたりの響きがまだ小さいです。 声帯は前に短くなるのと、その分削減されていくプロセスをいつも意識しながら声を出してみましょう!...
リズムは考えるより音楽を聴いて体を動かしてみましょう!
「リップロール」 低音域を上下させていきました。 裏声でも上下していきましたが、下がる時不安定になります。ゆっくり練習してみてください! 「胸骨に音を響かせるように」 これはだいぶ良...
声帯のプロセスを意識しましょう!
リップロールで、声帯の水平をしっかり意識させていきましょう! 声帯は前に短くなるのと、その分削減されていくプロセスをもう少しイメージさせましょう。 喉頭の過剰な動きはなくなってきてい...
声が詰まる時は顎下を脱力させてみましょう。
今回は裏声が抜けにくくなっていました。 胸骨に当てる発声は喉頭を下げ、声帯を近づき合わす効果がありますが、それに対抗する喉頭を引き上げようとする筋肉も釣り合わせようと収縮してきます! 発...

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室のレッスンノート ・・・計210件

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 ページ先頭へ