音楽教室ボーカルスクールカラオケ兵庫 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室レッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

一つ一つの音の長さも意識しましょう!
今回は「しるし」の譜割から始めていきました。 keyは♭3です。 Aメロの音が低いところではメロディラインが少し難しくなっています、よく注意して聞いてみてください。 そして、音の長さ(...
裏声の筋肉を使っていきましょう!
今回のレッスンでは、裏声の筋肉を中心に使っていきました! 男性の場合は特に裏声を普段使っていないので、歌になった時にいざ使おうと思っても、体がついていってくれません まずは「ふぅー」とため息...
口のあけ方を注意してみてください!
発声では引き続き、声帯の伸展筋を中心に鍛えていきました。 普段から裏声を出す練習をするとより早く声がでやすくなってきますので、頑張ってみてください! 音がひらべったくなる原因の一つに口の...
歌詞を読む練習とメロディーをとる練習
今日は体験レッスンお疲れ様でした! はじめに軽く発声をして声を聞かせてもらいました 今の段階では、地声と裏声がそれぞれ未発達な状態にあるので、両方をまず別々に鍛えていく必要があります...
首の筋肉を柔らかくストレッチ!
裏声が出にくい原因の一つに声帯の首側(後筋と名付けます!)にある筋肉のサポートが得られていない場合があります! 引き笑いで裏声を出して、後筋を刺激していきましょう!喉の緊張を和らげる効果も...
Aメロ部分の息の使い方を工夫しましょう
今回はkeyを一つ上げて、原曲の一つ下げで歌っていきました 前回よりリズムが良くなっていて聞きやすくなっています! サビの高音部分のロングトーンも出るようになってきました! まだ少...
リズムとグルーブ感を意識していきました!
発声では、だいぶ脱力ができるようになってきて、「え」や「い」の母音の横に広がりすぎていたところも改善されてきています! ひまわりの高音部分では、息を混ぜて柔らかく出して処理していきます ...
笑った時などの声が思いがけず出る感覚!
リップロールでウォーミングアップをしていきました。 喉を開く感覚をつかむのに、口をポカーンと開いたまま口で呼吸をらします 吸う時にひんやりするところを感じてから、「はー」と声を出します、...
声の支え方!
発声では声の支えを中心にレッスンしていきました! 声の支えは重いものを持つときのような、呼吸が止まる感覚、それを少しずつ開放しながらザラザラと音を鳴らしていきます その時口の中の空間は広...
裏声の練習は小さい声でいいので、まずはリラックス!
脱力をして声を出すために「Ba~Ba~Ba」と声を出します! 息は口を閉じる時に遮られますが、流れている感じで出しましょう、そして息だけで「pa~pa~pa」と出した時のように、首は、筒状に息...

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室のレッスンノート ・・・計218件

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 ページ先頭へ