サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ東京 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室レッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

メトロノームに合わせてリズムを合わせましょう!
リップロールは少しずつ回るようになってきています 始めは舌が回ってしまっていたので、唇が回るように注意してください! その際吸う息の細さだったり、目の後の方へ吸うイメージを持ってくだ...
高音でのロングトーンではブレスサポート(支え)
リップロールが前回に比べて、だいぶまとまってきています この調子で中音域から高音域にかけても、息漏れのない音を目指してみてください コツとしては早い段階から裏声の要素をら使ってみてください ...
まずは声を小さく柔らかく出してみましょう!
歌い出しの勢いが強すぎるので、繊細な声帯の調整がうまく出来ていません。 慣れてくるまでは、もっと小さな声帯をイメージして、それに見合った息の量、閉じる力を加えていくようにしましょう! ...
音が高くなる時はリラックスを心がけましょう
発声の際に、少し息が漏れているのが気になります。 今回説明した、呼吸の時の肋間筋の動き(肋骨は吸気の時柔軟に広がります)がかたくならないよう、体はopen!を意識しておきましょう。 ...
高音への準備をしましょう!
Aメロの中の出だしの「昨日の夢を追いかけて〜」低いメロディを歌っている時 できるだけ口の中は空気のボールを感じて、柔らかく軽く歌いましょう 「昔の〜」の歌い出しで空気のボールを潰してしまわな...
歌のフレーズの語尾を気をつけましょう!
歌の出だしや、タイミングはだいぶ合うようになってきました! 次は言葉の語尾、フレーズの終わりを歌い終わるまで意識を集中してみてください 音が少し下がりやすくなっているので、声を出し始めた...
声は横に広げないようにしましょう!
ハミングで音の集まり方を感じましょう。 リップロールで首の空間、喉は深いイメージ ハミングで響いていた場所を意識してください 中音域くらいから息漏れが出てきます 「い」の母音で声...
首の後ろの空間を意識しましょう!
久しぶりのレッスンでしたので、リップロールで状態を見ながら発声していきました 少し声帯のある喉頭が持ち上がるのが気になるので、発する瞬間に深いイメージや、あくびの感じなんかを足してあげてく...
声帯のピッチを決める3つの要因
今回は声帯を実際の形をイメージし図にして説明していきました ピッチを決める要因 長さ、厚さ、張力、声を出す時にイメージできるようにしていきましょう。 「歌うたいのバラッド」 ...
テンポを自分で取りながら歌いましょう
発声では引き続き脱力中心に声を出していきました! 別れの朝の音程はだいぶ取れてきています! 曲の入りがまだタイミングか合いにくいようです。 イントロが流れたら1.2.3.4とカウン...

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室のレッスンノート ・・・計264件

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 ページ先頭へ