サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ東京 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

咽頭の共鳴がプラスされると良いです!
リップロールはよく練習されているのがわかりました だいぶ軽く出るようになっています あとは共鳴の空間を意識してみてください 特に咽頭の響きを意識してみてください ハミングは比較的うま...
息漏れの原因の声帯閉鎖を鍛えていきましょう
体験レッスンお疲れ様でした! 軽く発声をしながら声の状態を聞かせてもらいました 現状は声帯閉鎖が弱いのと、無駄な力が入ってしまい響くはずの空間が狭くなってしまっています。 顎下...
声帯周りの筋肉の固さを取っていきましょう!
体験レッスンお疲れ様でした! 初めに軽くハミングで声を出してもらいました その際顎下の筋肉が下に膨らむように動いていて、無駄な力が入っているところが気になりました 顎下に親指を置い...
ビブラートは大前提に脱力と発声のバランスです!
今回はビブラートの練習をしていきました まずは脱力が出来ていないと固さが出てしまうのと 発声のバランス(息、声帯、共鳴)が噛み合っていないと不自然に聞こえてしまいます しかしバランスが...
メトロノームに合わせてダウンビートとアップビートを感じましょう!
リップロールは少しずつ回るようになってきています! 息の量が大きくなってるときは回りにくくなっています ハミングのサイズを意識して、息は少なく、しかし密度と声帯の前後の張力を意識してあげてく...
リズムは取れてきていますので、流れを意識してみましょう!
発声では引き続き声帯閉鎖を中心に、リップロールをしていきました できるだけ小さな音で、その分口の中の空間、鼻腔、咽頭を軽いあくびで意識して、鼻から吸う息は目の後の方へ細く吸いましょう。 顎下...
声の出発点を頬に感じましょう!
今回発声でしたリップロール(唇を震わせる発声)は歌う前のウォーミングアップにも良く、その他これからレッスンしていく声帯の使い方、共鳴、ブレスコントロール、脱力にも役立ちますので、お時間ある時に遊...
喉が上下させてしまう不要な筋肉を脱力させましょう!
体験レッスンお疲れ様でした! 始めにリップロールで現状を見させていただきました。 今の段階で1番気になるところは、喉が上下してしまう原因の首や顎の筋肉群が必要以上に力が入ってしまって...
「お」の母音で歌ってみましょう!
今回は疲れが声帯に影響して、息漏れの多い声になっていました(声帯閉鎖が不十分) そして閉鎖が不十分な声帯は少ない息では音がならないので、余計に息を多く使ってしまいます 呼吸筋が必要以上に...
歌詞をリズムに合わせて読んでみましょう!
前回からリップロールが少し回るようになってきていました! その調子で小さく回すようにしてみてください メガホンのイメージが良いと思います! 曲は柔らかく声を出してもらっているので、初め...

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室のレッスンノート ・・・計270件

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 ページ先頭へ