音楽教室ボーカルスクールカラオケ兵庫 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

声の出し始め(アタック)の声帯を意識しましょう!
発声では声帯を閉じる力を中心にしていきました。 はじめ息が漏れやすい時は、音を切るようにして出しましょう。 音のアタックでは声帯は上からVの字をイメージして近づきあいます その時声...
裏声と地声の行き来が良くなってきています!
前回した強調対比、地声から裏声に移行する発声が良くなってきています! 歌唱になるとちからが入りやすくなりますが、サビ前までのところでもう少し楽に歌ってみましょう 声は良く響いているのです...
地声から裏声の行き来を練習!
発声で裏声がだいぶ出るようになってきていますが、力がまだ入りやすいので ため息をつくような出し方から、徐々に強く出していくようにして、前屈をしながら音が頭に抜ける感覚を感じながら練習してみ...
keyを下げてわざと大きく声を出してみましょう!
発声では裏声の発声と「い」の母音で地声の音をひらべったく出していきました! 「はっはっはっ」と、深く明るい音はまだ出やすそうなので、しっかり息漏れがなくなるように練習してみてください^_^...
声帯をサポートしてくれる閉鎖筋を鍛えましょう!
久しぶりのレッスンでしたので、発声を多めにしていきました! まずは姿勢からです、しっかり呼吸が機能するように、伸ばして支えも意識しましょう! まずはっはっはっと深く明るい音で笑うよう...
自分に足りていない声を出すための筋肉を知りましょう!
体験レッスンお疲れ様でした^_^ 今回は自分の声がどれ位の音色を出せるのかを、3つの音色を使ってみていきました。 一つめは裏声系の声で「ほー」と頭のてっぺんに当てるような感覚で出して...
一つ一つの音の長さも意識しましょう!
今回は「しるし」の譜割から始めていきました。 keyは♭3です。 Aメロの音が低いところではメロディラインが少し難しくなっています、よく注意して聞いてみてください。 そして、音の長さ(...
裏声の筋肉を使っていきましょう!
今回のレッスンでは、裏声の筋肉を中心に使っていきました! 男性の場合は特に裏声を普段使っていないので、歌になった時にいざ使おうと思っても、体がついていってくれません まずは「ふぅー」とため息...
口のあけ方を注意してみてください!
発声では引き続き、声帯の伸展筋を中心に鍛えていきました。 普段から裏声を出す練習をするとより早く声がでやすくなってきますので、頑張ってみてください! 音がひらべったくなる原因の一つに口の...
歌詞を読む練習とメロディーをとる練習
今日は体験レッスンお疲れ様でした! はじめに軽く発声をして声を聞かせてもらいました 今の段階では、地声と裏声がそれぞれ未発達な状態にあるので、両方をまず別々に鍛えていく必要があります...

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室のレッスンノート ・・・計214件

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 ページ先頭へ