サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ東京 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

息の量をもっと減らしていきましょう!
前回から比べてだいぶリップロールが回るようになってきています! あとは、息の量をもっと減らせると良いです。 出だしが少し爆発するように息が出てしまうので、もっと細くスローモーションで出す...
声帯まわりの筋肉を脱力させましょう!
今回は脱力を中心にレッスンしていきました 上半身、首周りや肩甲骨を動かして柔らかくしておきましょう 壁に踵から頭まで引っつけて、腕は外側に軽く広げましょう、そこから腰が壁に引き寄せられる...
発音を良くすれば声もよくなります!
体験レッスンお疲れ様でした! 英語の歌を歌っていく上で、英語の発音は重要になってきます! 英語の発音はただ音を真似るだけでなく、口の開け方、特に口の中、そして舌の動きも大切です。 ...
息の強弱を使ったビブラート練習!
今回はビブラートの練習を中心にしていきました! ビブラートはピッチのわずかな上下だったり、ボリュームの小刻みな強弱の変化でおこります 今回はボリュームに必要な息の圧力をコントロールし...
疲れは体をら緊張させてしまいます!
今日は、全体的に力が入っていました 疲れから、体がリラックス出来ていないような状態で 声帯を機能させるインナーマッスルが思うように使えない状態です まずは体を休め、歌い出す前は少し体を...
Sの音を使ってブレスコントロールをしてみましょう
リップロールはまだうまく声帯と噛み合わないところがあるので、まずはハミングで切るように出してから、それに合わせるようにリップロールも切るように短く出してみましょう。 慣れてきたら少しずつ息の量...
吸気でボーカルフライをしてみましょう
「い」の母音にGの子音をつけて、声帯の閉鎖を感じましょう ギィギィギィとドアがきしむような音をイメージすると良いです! その他ボーカルフライ(ザラザラした音)も良いです 今回試しに...
リズムは円を描くように
リップロールは軽く回るようになってきています 息の量は出だしに爆発するように出すのでなく、油を流すように滑らかに出るともっと良いです 低音では咽頭の中でも下の方(下咽頭)を意識します ...
ハミングで音の集まりと、息の量を確認してみましょう!
リップロールはまだ回りにくそうなので、まずハミングで音の鳴る高さを確認します その際鼻の奥を中心に鳴っている感覚が良いです 息の量は少なくし、針でつつくような感じで出してみましょう 音がな...
リップロールの音の輪郭を、ハミングと合わせていきましょう!
リップロールは響きの位置は良くなってきています! あとは音の輪郭がボヤけているので、ハミングで声帯が閉じてるイメージを確認して、リップロールの時にも同じように声帯がストレッチさせていきましょう...

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室のレッスンノート ・・・計275件

カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 ページ先頭へ