サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ東京 アサコのゆったりカラオケ教室 スクールブログ #6「歌うま」...

#6「歌うま」探しの旅〜カラオケ採点機能を活用しよう!〜

皆さんこんにちは!
イトウアサコです(^-^)/

日々「歌うま」を研究している私が、本日テーマにしたものは、
「カラオケの採点機能」でございます!

採点機能、使った事はありますか?

画面の上に横棒が出てきて、音程が正確に取れると明るく、逆に外れると暗くなり、
音程、リズム、歌唱技術などを評価して点数をつける機能です。

なんとなくゲームに近いですね。

最近はテレビのカラオケ番組でも使われていますから、
プロ並みに厳しい採点の機種もありますね!( ・∇・)

私は正直に言いますと、
カラオケの採点機能が
あまり好きではありません(。-_-。)

同じ歌を歌って、
「90点が上手い歌で70点が下手な歌」
これはそうとは限らないからです。

実際、プロ歌手でも採点したならば80点前後くらいの人、いると思います。

昔ラジオかテレビかで、
歌手の宇多田ヒカルさんが
カラオケで自分の歌を歌ったら60点だったと
話していたのを覚えています。

コレはちょっと大げさに言っただけかもしれませんが、(^_^;)
"機械の採点に繋がる歌い方"ではなく、
"人を心地よくさせる歌い方"を優先した結果だと私は思います。

点数を取る歌い方と、人に聞かせる歌い方は違うと私は思います。
どちらを取るかは、歌う本人次第ですね。

宇多田さんの歌は非常に魅力的なので、
仮に60点だったとしても、
私は聞きたい!(・∀・)何度でも!

なんだか最近カラオケブームだからか、
やたらと点数にこだわる人が多いように感じます。
点数など気にしない方が
歌は楽しいのに…(´ー`)と言う理由で私は採点が好きではないのです。

しかし!練習には使えます!
とても使えます!

私のレッスンでも
採点機能を使った練習を必ず入れています。
理由はメリットがいくつかあるからです。

①楽譜が読めない人でも、音の違いが見てわかる(長さ、種類など)
②音程の正確さを測れる
③技術の使用有無がわかる

音楽に触れて間もない人でも、理解しやすいですね。

まずはメロディとリズムを覚えて、
「後はひたすら音程バーを合わせるように歌いこむ!」
何日も、何週間も、何ヶ月もこれを繰り返せば
リズム感や発声がかなり鍛えられるでしょう。

しかし、これじゃあ時間がかかりすぎる!
もっと早く歌えるようになりたい!と言う人は、

裏技があります♪
しかし、それは私のとっておきのレシピなので、
生徒さんにしか教えていません!(>◡<)

ご興味がある方は、私の体験レッスンに是非ともお越しくださいませ。

それでは、今回はこの辺で。
またお会いしましょう!

バイバイヽ(・∀・)

 

(2017年10月9日(月) 15:39)

前の記事

この記事を書いたコーチ

劇団出身の先生が「正しい練習」を伝授!腹式呼吸~パフォーマンスのコツも

新着記事

皆さんこんにちは! イトウアサコです(^-^)/ 日々「歌うま」を研究している私が、本日テーマにしたものは、 「カラオケの採点機能」でございます! 採点機能、使った事はありますか? 画面の上に横棒が出てきて、音程が正確に取れると明るく、逆に外れると暗くなり、 音程、リズ...

皆さん、こんにちは! イトウアサコです。 9月に入って急に肌寒くなりましたね! 夏より気温も下がり、集中もしやすくなる秋です。 この季節をきっかけに、新しく習い事を始めてみるのも良いかもしれませんね。 さて、習い事と言えば、 誰しも一度は思うだろう、この言葉。 「習い...

皆さんどうもこんにちは! イトウアサコです! 前回は「声の種類」について書きましたので、 今回は「音域」=「人の出せる声の範囲」について書いて行きたいと思います(・∀・) 音域は大きく分けて、 ①中音域 ②低音域 ③高音域 の、3つに分けられます。 私...

皆さんどうもこんにちは! イトウアサコです。 7月に入って暑い日が続きますね! 皆さん体調は大丈夫ですか? エアコンなどの気温差で 体調を崩しやすい季節ですから 夏こそ喉のケアに ご注意下さいね(^-^) 喉ケアの話がでたので、 今日は人の「声」について お...

皆さんどうもこんにちは! イトウアサコです。 今回はカラオケで大人気な スキマスイッチさんのバラード 「奏」 について書いていきたいと思います♪ 正直に言ってしまうと、 私、この曲を知ったのは最近なのですよ (´∀`; ) カラオケの動画を 勉強の為にみているの...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カラオケレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ