全国5万人が受講している「サイタ」

カラオケ教室・レッスン

カラオケ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールカラオケ東京 あなたも高音が出せる本格派カラオケ教室 スクールブログ 低音は硬く真下...

低音は硬く真下へ

今回のテーマは「低音域は硬く真下へ」です。

前回の投稿でも取り上げました通り、歌の中の6〜7割が中音域です。

更に今の傾向として高音域が主流なので、低音域が出てくる割合が少ないのは確かです。

しかし、わずかにしか出ない低音域を曖昧に出すか、しっかりまとめていくかで印象は変わります。

なので、上手いシンガーになる為には、ひとつひとつを大切にしていきましょう。

低音域は「硬く真下へ」です。

中音域から中音域の発声のまま低音に移行すると、息っぽくなり音がこもります。

なので、軽く遠くへ投げる中音域から低音域に移行する場合は、近く下に発声を向けていくとまとまりやすくなります。

鎖骨と鎖骨の間のポコッと凹んだところから音を出す感じです。

中音域が「お」で発声したのに対して、低音域は「あ」の音で口を開くと響きやすいです。

「あ」で響きを捉えた後に、他の母音に移行する様に心掛けていただくと、スムーズに移行出来ます。

使用頻度は高くないですが、またに出てくる低音域をまとめていく様に心掛けましょう

低音は硬く真下へ

(2016年8月19日(金) 22:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あなたも高音・声量が出せる!長く続く生徒さん多数、TVでも話題のコーチ

ブログ記事 ページ先頭へ