全国5万人が受講している「サイタ」

カラオケ教室・レッスン

カラオケ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ボーカルスクールカラオケ東京 あなたも高音が出せる本格派カラオケ教室 スクールブログ お酒と歌

お酒と歌

さて、今回のボーカリストの素朴な疑問、お酒と歌との関係について書いてみます。

多くの場合、カラオケは飲み会の二次会で行く事が多いですよね。

そして「飲んでから歌うと声が出やすい」という方も結構いらっしゃる(もしかすると、あなたもそうかも知れませんね 笑)。

でも、飲んでから歌った次の日は、なんとなくノドがイガらっぽくなったりする。

どこかで飲んでから歌うのは良くないと聞いた事があるし、その真相はどうなの?と疑問をお持ちの方も多いかと思います。


その疑問にお答えします。


結果から申し上げると、「お酒を飲んでから歌うのはノドに良くない」です。


飲んでからの方が声が出やすいという方は、飲む事で緊張が取れるので、声が出やすい気がするだけなのです。


事実、プロのシンガーやアナウンサーの方々で、飲んでからカラオケに行かれる方はおりません。


なかにはアウトスタンディングな天才の方で、「飲んでもイケるぜ!」とおっしゃる方もいらっしゃいます。


でも、ここでは一般の方向けの事を取り上げているので、なるべく飲んだ後に絶叫するのは控えた方が良いです。


飲むと顔が赤くなる方が多いですよね?

あれが身体の中でも当然起こります。

そして声帯は粘膜です。

赤くなった粘膜を強く擦り付けたら良くないのは、なんとなくお分かりになっていただけると思います。


とはいえ、お付き合いでカラオケに行かれる事がほとんどだと思いますので、趣味で歌を習われている方は、そこまで神経質になる必要はないと思います(^-^)


飲んだ後に歌う時は、出来れば腹式呼吸を使ってノドに負担がかりにくいキーの曲をチョイスする事です。


僕の生徒さんでも二日酔いでレッスンで来られる方も、まれにいらっしゃいます 笑。

その場合は、しんどくないメニューだけをゆっくり行う事にしてます。


これからビールの美味しい時期なので、上手いお付き合いをしていきましょう

お酒と歌

(2016年7月17日(日) 17:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あなたも高音・声量が出せる!長く続く生徒さん多数、TVでも話題のコーチ

あなたも高音が出せる本格派カラオケ教室
西野大輔 (カラオケ)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・大塚・駒込・田端・西日暮里・中野・赤羽・川口

ブログ記事 ページ先頭へ